2010年01月23日

ハーブ石けん Revenge編

 先日、生命保険の外交員さんとまったりトークをしておりました。

生命保険の外交員さん
  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)<今契約している保険よりもっといい保険できたよ! 乗り換えたらお得だよ!
 ( 建前 )  \_______________
 | | |
__(__)_)______________
 ( _)_)
 | | |
 ( 本音 )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( 。A。)<乗り換えの目的は利率下げ! 期限を延ばして一生飼い殺し!
   ∨ ̄∨   \_______________

ワタクシ
 *      *
  *  ムリです  +
      n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

 しつこさに負けて契約してしまった当時はともかく、ファイナンシャルプランナーの資格を無駄に取ってる私に保険屋さんトークはあんまり効きません。でも、彼女のトークを遮り追い出す能力も私にはありません。何より、今の自分の保険がどうしようもないカス保険なのは自覚しているので、放置できないという弱みがあるのです。
 そして、「じゃあまた来週きます」と捨て台詞を残して去って行く外交員さん。よほどノルマがヤバいようです。

 それはともかく、現実逃避がてらハーブ石けんをつくることにします。唐突ですみません。でも、もう今までつくった石けんもなくなりそうですし、やはり寒いうちに石けんの乾燥をしておきたいのです。
 今回試したいことは二つ。一つは前回の失敗から「ハーブ浸出液を一旦思い切り冷やす」こと。暖かい液体のほうが石けんがよく溶けるかと思ったのですが、たぶん間違ってました。もう一つは、「関節炎や腰痛に効く石けんにする」こと。いえ、そうすりゃもうちょっと使ってもらえるかなって思って(´;ω;`)。

また備忘録代わりのレシピを。

IMG_0244.jpg

ハーブリーフ(タイム3本 ネトル大さじ1 マロウブルー大さじ1 ローズマリー小さじ1 ジンジャー小さじ1 ペパーミント小さじ1)
純石鹸 240g(120g二個)
はちみつ 大さじ2
エッセンシャルオイル ネロリ 4滴  ブラックペッパー2滴

タイム、ネトル、マロウブルー、ローズマリーは外用として肌に効果があるハーブです。ジンジャーは身体を温める目的で、ペパーミントは香り付けです。また、マロウブルーは特徴的な色なので、石けんの色付けに良いかとも思い入れてみました。結局いつものはちみつ色になってしまいましたがorz。でもはちみつの量は前回の半分です。さすがに前回は多すぎたのです。タイムがフレッシュハーブなのは、私の在庫状況によります。しょせん勢いと思いつきでつくりはじめてしまったので。

さらに新型の作成手順を。浸出液を最初につくり、冷ます間に粉石鹸をつくるようにしました。でも石けんをすりおろし終わってもまだ液が熱かったので、結局冷蔵庫で冷やしました。
1.ハーブを60ccのお湯に10分以上浸けて蒸らし、浸出液をつくります。
2.純石鹸をおろし金で粉状にすりおろします。
3.粉になった石鹸を大きめのジッパー付きビニール袋に入れます。
4.浸出液を加えてビニール袋をもみほぐし、中の石鹸になじませます。
5.ある程度なじんだらはちみつとエッセンシャルオイルを加えてさらにもみほぐします。
6.気が済んだら俵型にまとめます。
7.麻紐でしばって外に二週間から一ヶ月ぶら下げて干して完成です。

結果的に、浸出液を冷やして使うことは大正解でした。前回は30分掛けて石けんになじませた液が、5分もかからず馴染んだのです。あまりの違いに私自身おどろきました。まったく、この注意事項は必須だと思うのに、なぜ誰も注意しないのでしょう。
 まあ、多分こんなところで詰まっていたのは私くらいだっただけのことなのでしょうけどorz。


posted by いらくさ at 00:35| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

壷の中

 さすがに年も明けると朝がきつくなりました。
 きついのは人間だけではなく、一部のハーブもかなりダメージを受けています。私が寝込んでたりなんだりしていたころ、屋外に置いてあったいくつかの鉢が霜にやられ、葉っぱがごっそり落ちたり黄色くなってしまいました。
 どうしようもないものは処分し、まだなんとかなりそうな一部の鉢は部屋の中に移すことにしたのですが、はっきりいってウチは狭いのであちこちスペースをつくる画策をしなければなりません。鉢をもってうろうろしたあげく、いままでずっとテレビの上に鎮座していたウツボカズラ君に、春がくるまでどいていてもらうことにしました。
 そうしたら、ふと気がつきました。

IMG_0238.jpg

あれ、なんか壺の中が妙に黒くね?


 今までは気にしていなかったのですが、光の加減を変えたら小さい方のウツボカズラの壺の底が真っ黒なのです。あきらかに不穏です。なんだこりゃ、と思って壺の中をビーカーに空けてみたところ、こんな感じでした。

IMG_0239.jpg

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

 いや、これは気持ち悪いというよりむしろ感動しました。この寒い時期に、11月くらいにやっとできた高さ3センチたらずの小さい壺の中に、数えられるだけで20匹以上の蚊の死骸が詰まっていたのです。
 今は温排水や暖房の普及などの影響で季節に関係なく蚊が出てくる時代です。原型を留めている蚊も結構いるので、つい最近まで人知れず蚊とウツボカズラの戦いが繰り広げられていたようです。
 ウツボカズラ君を褒めてやりたい気分です。オ○ーナを購入する権利もあげたいくらいです。目立たないようでいて結構仕事してたんだなぁオマエ。
posted by いらくさ at 22:10| Comment(2) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

飲むことと飲ませること

 先日、友人のnontaさんがウチに来てくれました。淹れるのにやたらと時間がかかるコーヒーにせよ、何が入っているのかわからない怪しいお茶にせよ、私の「や(飲)らないか」という誘いをいつもやんわりと遠慮してくれるとても奥ゆかしい人です。
 そこで今回は事前に相手に意向を聞かず、勝手にお茶を入れて目の前に出してみました。どう考えても私がヒドい人です。まあペパーミントベースにヘザーフラワーとアイブライトだ、味に極端な癖のあるものは入れなかったので大丈夫だろ、多分(やっぱりヒドい)。

 しかし飲んでもらったところ、「あ、これ苦手なやつだ」と言われてしまいました。
「む、不味い?」
「いや、不味いっていうか、ガムによく入ってるアレ、苦手なんだ」
 どうやらペパーミントが苦手だったようです。ミントはハッカ味としてお菓子やお茶に普通に使われ、ウチでも普段からよく飲んでいるのですっかり定着している感があったのですが、言われてみると、メンソールの味なんて客観的に見てものすごく癖の強い部類でした。
 自分が普通に飲むから他の人も普通に飲めるだろう、なんて思ってちゃいけなかったのにね。ちと反省。
posted by いらくさ at 21:49| Comment(4) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

下り坂・三日目

 書く予定はなかったのですが、二日目の終わり方が全然完結してないことに今更気づいたので急遽ムリヤリ書くことにします。別にネタの水増しじゃありません。水増しじゃないったら。

27日(日)
 5:00 就寝時間だけは早いので無駄に早起きです。身体を起こしたとたん大量に鼻水が流れ出します。今日一日が楽しくなりそうな最高の目覚めです(;´Д`)。食欲がさしてあるわけでもないのですが、薬も飲まなければならないので、病気のゴタゴタでとっくに消費期限の切れた食パンをむりやり食べます。熱を計ってみると36.8℃。峠は越したと思ってよさそうです。

 7:00 昨夜からお腹の調子が良くなかったのですが、腹痛が本格化してきます。どうやら風邪も新たな作戦を思いついたようです。熱&関節→くしゃみ&鼻水→お腹とか、何この波状攻撃。何このジェットストリームアタック。

 12:00 しかしさすがに抗生物質を飲み続けているだけありお腹は深刻なダメージとなりません。すでに私を病人と見なしてくれなくなった家族のために黙々とコピー本を折り続けます。もう明後日なんだからオレの回復なんか待たずに作業してくれててよかったんだぜ?(#=_=) また明日予定していた年末献血ができなくなったことで献血センターにキャンセルと謝罪の電話。

 結局、身動きができるようになったよ!(゚∀゚)→即某冬の祭典の準備作業に駆り出されたよ(ノ∀`)・゚・ のコンボ発動で、気がついたらほとんど気にならないレベルまで回復しておりました(・∀・ゞ。
 これで病気は一件落着です。


 これから休んだ分&終わらない分の年末出勤とか誰からも相手にされてない親戚付き合いとか想像するだけで過呼吸に陥る年賀状とか、いつもどおりの下り坂な年末年始がはじまるお……。
 
posted by いらくさ at 08:10| Comment(3) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

下り坂・二日目

 俺たちはまだ登り始めたばかりなんだぜ……この果てしなく遠い下り坂をよ……。
 などとツッコミどころしかないつぶやきも空しく、闘病生活二日目です。

26日(土)
5:00 年末休暇初日、ですがすでにそんなの今の私には関係ないです。相変わらず熱が下がった気配は微塵も感じません。熱も38.2℃。こんなに無駄に高熱が続くのはひさしぶりです。
 家族もすでに私の世話に飽き始めたのか、昨日は一日無駄にしたとか、絶対私にはうつさんでよとか、少し私も頭痛いんだけどとかいろいろ言ってきます。言ってきますが私の方もそれを気にするほど余裕ないのでスルー。

10:00 とにかく薬を飲んで寝るしかないので眠り続けます。そのうち眠れなくなったので、手の届く範囲から読んでない漫画等を探すと清水玲子さんの「輝夜姫」を発見。昨日よりは本のページをめくるのが辛くないので、最後まで読んでしまいました。
 ワイドスクリーンバロック的なこの人の大風呂敷は個人的には結構好きだったりもします。多少のツッコミどころを精緻な絵柄とクールな展開で流してしまうところなんかは星野之宣さんにも通じる気がしますね。最新作の「秘密」ではややロジカルに流れているきらいはありますが、たまにはまたガンガンど派手な展開をぶちかまして欲しいものです。などと現実逃避な感想を脳内で綴りつつ時間を浪費。

14:00 「輝夜姫」を読み終えてしまったのでハーブの本をぼちぼち読み進めていきます。こないだもリアルで「ブログを分けるとかいう話どうなったの?」と聞かれてしまったので、なんとか形にしないと。

16:00 だいぶ熱が下がった気はします。身体の痛みも関節痛というよりずっと横になっていたことによる血行不全の痛みになってきました。そこで再び体温を計ると36.8℃。一応36℃台には下がりましたが、平熱の低い自分にはまだキツイか。などとブツブツ言いながら体温計を振っていたら思い切りすっぽ抜けて机に激突(;´Д`)。
水銀をあたりに飛び散らせてしまいました(;´Д`)。
さらに水銀の滴が光接続のCTUに入ってしまったらしく、インターネット不通に(;´Д`)。
ちょうど時間も5時をまわり、N○Tのサービスも受付終了(;´Д`)。
ADSLのルータだったら電気屋で買えたけどCTUは売ってない(;´Д`)。
そして家族は29日の祭典のためにmixiその他で報告と情報収集しないといけない(;´Д`)。
家族も怒り通り越して大笑いです(;´Д`)。
な ん ぞ こ れヽ(`Д´)ノウワァァン!!

18:00 手持ちのiphoneをいじってmixi接続を可能にしたり、ちょっと悲し過ぎたので携帯からブログ覗いたり更新しようとしたりしましたが、結局面倒くさくて断念。でも、その後CTU再起動したら普通につながるようになりました。落ち込み損。笑われ損。
な ん ぞ こ れヽ(`Д´)ノウワァァン!!

19:00 頭痛と悪寒は止まったのに今度は咳と鼻水が止まりません。エルダーもミントもネトルも効きません。「落ち着け。こいつは恐らく体内の細菌を外に排除するための生理機構なのだ。すなわち私の恒常性機能が正常に働いてる証左なのだ」と鼻詰まった声でつぶやいたところで、花粉症シーズン最盛期なみにティッシュが溜まったゴミ箱を見てると説得力ゼロです。不潔感バリバリです。助けてドラ○もん。

22:00 さしあたって、鼻水が異常に出続けるほかは概ね回復。それでも変に動き回って悪化してもつまらないので、この日も就寝。

posted by いらくさ at 10:04| Comment(2) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

下り坂・一日目

 自分、毎年年末年始のころは気力とか体力とか活力とか運気とか霊気とかなんかいろいろ下り坂になるタチで、毎年のように軽い鬱になったり風邪をこじらせたりするんですが、今年もやっぱりやらかしました。とりあえず回復したので報告中。

26日(金)
0:00 就寝前、なんとなく熱っぽい気がしたのでキャットニップを飲んで就寝。

6:00 目覚めてもまだちょっと熱っぽい。おやおやキャットニップの神通力もここまでか。ハハハこやつめとか余裕ぶっこいて体温を計る。38.6℃。

  。 。
  / /
( Д )  <38.6ゥ?!

 ヤダ何コレ……何げに俺の人生最高発熱記録更新してるんですけど。その割にちょっと熱っぽいくらいで済んでるのはキャットニップのせいか何か? つかコレ、新型インフルとかその辺じゃね? 先週ちょうど市外の博物館で講演聴きに行ったりしてきたし、そのとき感染したとかそんな感じじゃね?
 せっかく28日には年末の献血に参加する予定だったのにキャンセルかよ……。いやそれよりもこれはマズい。29日には家族の大事な冬の祭典が某所で開かれる。そんなときにオレがインフルとかにかかってたら、病気がうつっていようがうつっていまいが普通に行けなくなるじゃん。そんなことになったらこれから5年はネガられる。

7:00 激しく後ろ向きに困りましたが、とりあえずこの日は仕事は休みです。仕事納めの日ということもまり大変間が悪いですがやむを得ません。

11:00 そして数時間後、キャットニップが切れてきたのか激しい悪寒が始まります。幸いかどうか分かりませんが、のどや鼻、お腹には影響なく、頭と関節だけにギリギリとした痛みが響いています。とりあえずキャットニップとジンジャー、リンデンを飲んで横に。

16:00 眠るたびにイヤな夢を見て起きるというようなことを繰り返すうちに夕方になってしまいました。少しは下がったかなと思って熱を再び計ると38.2℃。発熱から12時間以上経過しても熱が衰える様子がありません。本格的にインフルの可能性を考え病院へ。インフルだったらオレの年末\(^o^)/。

18:00 某診療所にて。鼻の穴に綿棒突っ込まれるなどの屈辱的な検査を受けた結果、インフルエンザウィルスは検出されず。とりあえず安心です。正直、大学時代友人が受けた「お尻にぶっとい注射器を打ち込まれる」くらいは覚悟していたのですが、結局セルベックスとかロキソニンとか、よくある風邪の薬を処方されただけでした。

20:00 薬は飲んだけれども一向に熱や痛みが収まる気配は見られず、また医薬品を摂取した以上迂闊なハーブも飲めないので、この夜は大人しく眠ることにします。もうネットにつなごうとか本を読もうとか、そんなことを考えるのもダルくて痛かったんです。


無駄に長くなったので明日へ続けます。

posted by いらくさ at 22:26| Comment(3) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。