2010年11月30日

「家なき子」とグリューワイン

 かつて、「家なき子」というアニメがありました。ドラマじゃないほうです。さらに言うと世界名作劇場じゃないほうです。出崎演出が緊張感とウザさの絶妙なバランスをとってたやつです。
 昔のアニメだけあって飼い犬が狼に容赦なく喰い殺されるところとか、サーカスの団長がとある裁判で外国人だからと不当な判決をうけて財産を失ったりするところとか、結構容赦ない描写が多々あります。せっかくの名作アニメなのに、そんなところばかり覚えてる私はダメな子供です。
 そんな記憶の中の「家なき子」ですが、その中に、主人公のレミという男の子が寒空の旅で身体を冷やして山小屋で寝込んだときに、なりゆきで彼の保護者になってしまったビタリスじいさんというサーカスの団長が暖めたワインを彼に飲ませるというシーンがありました。これを見たとき、私は思いました。「未成年に飲酒をすすめた! 子供番組にあるまじき描写だ! このじいさんはダメな大人だ!」と。私は実にダメな子供です。

そんな前フリのなか月日は流れ、先日私は某KA◯DIにて「Rapunzel」という銘柄のホットワインというお酒を見かけました。暖めて飲むワインだそうです。「熱いワイン=家なき子」という図式が脳内に腫瘍のごとくできていた私は、値段も安かった事もあって即購入。さっそくあっためて飲んでみました。

.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*☆!
やだ何コレいいじゃない。

アルコール度は低くないけど、甘みが強いのでソフトドリンクに近い感覚で飲めます。シナモンやアニスといったスパイス・ハーブも組み合わせ、とても飲みやすいです。で、これはいいですねと思って調べてみると、どうやらホットワインというのは日本の卵酒みたいな位置の飲み物で、独仏あたりでは一般的にグリューワインと呼ばれているようです。
そうかぁ、卵酒かぁ。卵酒なら仕方ないね。
さて、さらに見ていくと、どうやらグリューワインはお店で買うというよりも安いワインを使ってご家庭で作るのが一般的なものらしい。

なるほど、よし分かった。

IMG_0386.JPG

幸いウチはクローブもレモンピールもシナモンもアニスも揃っているごく普通の家庭なので、お茶パックだけあればグリューワインは作れます。

俺的配分(コップ2杯分)
ワイン コップ1杯
水 コップ1杯
クローブ 4片
レモンピール 小さじ1
シナモン スティック1/4
アニス 小さじ1/2
グラニュー糖 このときは大さじ1

ただつくるだけなら単純明快、ワインと水を鍋に入れて、お茶パックにつめたスパイス/ハーブとグラニュー糖といっしょに煮詰めるだけです。安ワインで十分、といっても結局のところワインの味におもいっきり左右されてしまいます。
ワインはあまりすっぱくないライトボディがいいそうです。手持ちはマイルドボディしかありませんでしたが。
生産地はドイツがいいとか書いてあるところもありました。手持ちはチリ産のしかありません。チリでごめんなさい。

個人的には十分好みの味にできてました。卵酒の代わりになるなら風邪の予防かなんかになるからいいかもしれません。クローブも古くなってきましたし、この冬はこれで安く楽しんでおきましょうかね。


posted by いらくさ at 23:48| Comment(19) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

どうやらお前の出番はないようだ

 先日、Microteaという脂肪燃焼に効果があるらしいハーブチンクの効果を検証してみようということを記事にしました

 記事にしてからすでにひと月以上は経ってますが、まあ一応いまだに続けておりましたので、効果のほどを発表いたします。
 飲んだときと走り始めたのは同じ日、記録した体脂肪率と体脂肪量の初期値、最大値、最小値、平均値です。体重の値はそのものズバリすぎるので勘弁してください><。 というわけでこんな感じです。

    体脂肪率(%)-体脂肪量(kg)
初期値:17.5%    -  13.2kg
最大値:19.5%    -  13.2kg
最小値:16.5%    -  11.2kg
平均値:17.7%    -  12.0kg

 結論。全然効果ありませんでした(・∀・ゞ 普通にジョギングした場合と、おそらく結果はかわらないでしょう。
 体脂肪量が割と落ちたのが救いと言えば救いでしょうか。少しは脂肪が筋肉に変換されているようです。とはいえ、途中で激しく値が大きく触れているところを見ると、ちょっと何か食べたらすぐに戻ってしまう危険性を孕んでいると思われます。やっぱり明らかに歳ですねw。
 あと、個人的には、昨年一定の効果があった骨盤回し運動が、今年はほとんど効果無かったところがショックです。昨年より代謝が弱まってる?!((( ;゚Д゚))) ジョギングもやせるというよりもなんか現状維持だけで精一杯って感じだったし。

 今回はダメでしたが、いずれにせよちょっと放置するわけにもいかない問題なので、しばらくはジョギングを続けながら、気が向いたときにまた変なものを飲みだしては検証するかもしれません。
posted by いらくさ at 17:21| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

ジンジャーエールをつくって飲んでます

 もう八月にもなってなんですが、最近めっきり暑くなりました。先月のはじめはまだまだ雨だ風だで涼しい日も多かったのですが、もはや最近の気候はそんなつつましやかな面影などみじんもありません。こんな陽気ではホットのハーブティーなど飲む気もおきません。というか飲んでくれません(ノ∀`)。
 そういうわけで今よくつくっているのはジンジャーエールです。煮出しタイプとか、はちみつ滲出タイプとか、いろいろ試しながらやってます。ちょうど家族がゲロルシュタイナーという炭酸水にはまっていますので、自家製ジンジャーエールをゲロルシュタイナーで割って飲んでいます。もっとも、一週間くらいいろいろ分量を試してますが、なかなか「これだ!」という割合に出会えずにいます。

jinjerale.jpg

ちなみに右がはちみつ滲出タイプ、左が煮出しタイプです。


 まあ、並べたところで違いはわからないのですが。

posted by いらくさ at 00:03| Comment(0) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

どうやらお前の出番が来たようだ

IMG_0341.jpg

 
Microtea


 マイナーな名前のハーブチンクです。日本ではあまり見かけません。
 効果は脂肪燃焼のアシスト、要するにダイエットです。そういう目的の輸入サプリメントなどに入っていることもあるようです。うさんくさいですね。
 じつはこのハーブチンク、一年ほど前の円高傾向のときに手に入れたものです。もともと薄毛に効果あるものを探していた時期で偶然これを見かけ、「効果を実証できたらブログで宣伝しつつ輸入してネットでばらまけば小遣い稼ぎになるんじゃね?」と思ってしまったんですね、当時。やはり「○ゲ」「デ○」「粗○ン」は有史以前からの人類の悩みでもありますし、需要はあるかなぁと。
 でも結局、自分でしばらく試したところ「臭い、まずい」「脂肪燃焼アシストって、運動もしなきゃ効果ないじゃん」「むしろお腹こわした気がする」「そもそも俺こんなのが必要なほど脂肪も筋肉もついてないから効果がわからん」「なんか飽きた」などの理由で、結局すぐに封印してしまったのです。
 さて、なぜ今そんなものを引っ張りだしたかというと、まあアレです。激しい糾弾を受けてやむなくという感じでしょうか。歳はとりたくないですね。
 そういうわけで毎晩ジョギングすることになったので、この際だからこのチンクの効果を検証しましょうということに相成っています。

 やり方としては、このチンクを毎日摂取しつつ、毎晩20分前後かけてご近所をタラタラとジョギングしつつ、余裕があったら骨盤回し()をしてから体重、身長/体脂肪率と体重/体脂肪量をできるだけ記録します。いまんとこ一週間くらいでしょうか。さすがに公表できる数字でもないのですが、そこそこ数字は減ってます。でも、そこそこ減ってるはずのに体型に変化がないです。これは間違いなく中年ぶとりの前触れってヤツです。実に歳はとりたくないですね。
 というわけで、当時以上の円高傾向というチャンスの中、激しくかっこわるい在庫処理を黙々と続ける私でした。
posted by いらくさ at 00:36| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ジンジャーレモン来たる:その2

前回の続きです。

つコーヒー

 ジンジャーコーヒーなんてものも風邪気味なときにはアリですね。この冬もよくつくりました。ショウガのポカポカ感がコーヒーの苦みにかぶさって、まろやかな感じになります。深煎りの豆が苦すぎるときにはいいですね。
 で、はたしてこの常識がジンジャーレモンで通用するかやってみることにします。試したのは今ちょうど使用している某大手コーヒーショップのコーヒーです。変なことに使ってごめんなさいK○LDIさん。
 ポーションをカップにたらし、軽い気持ちでドリップからコーヒーを抽出しはじめます。しかし、最初の一投から「ただごとじゃない」匂いが立ち上ってきました。何かの化学反応実験を連想する匂いです。

 ヤベえ。これ絶対ジンジャーコーヒーじゃない「何か」ができちゃう。
 頭の中で警告が発せられましたが、途中でやめるわけにもいかず、一応淹れてみました。

IMG_0253.jpg

右がジンジャーコーヒーじゃない何か。左が通常のコーヒー。


 なんというか明らかに黄色いんですが。激しい「やっちまった感」を感じつつおそるおそる口を近づけると、すえた匂いとともに苦酸っぱい味が舌をイジめてきます。

 うわぁ……。
 コレ失敗。やっぱり失敗。絶対失敗。変なことに使ってゴメンKA○DI。マジゴメン。

 一応最後まで飲みましたが、これはさすがに二度と飲みたくない味でした。カフェオレにしたら飲むヨーグルト風味とコーヒーでウィンナーコーヒーになるかもと頭をかすめたりしましたがもういいです(;´Д`)。
 そしてポーションはあと一つ。

*  *  *


つハーブティー

 ここはこのブログらしく、一応これで決めないといけないような気がします。
 始めはもっと個性の強い葉っぱを使おうと思いましたが、コーヒーがあまりにも酷すぎました。一応頂き物なんですし、あまりいくらなんでもニコ動のゲテモノ食い動画じゃないんだから、飲みやすさを重視することにします。日和ったとも言います。
 最終的に使ったのはカモミール:ミント=3:2。強すぎる香りをカモミールで、熱くなる口内をミントでなんとかしようと思いました。
 あまり期待はしていなかったのですが、意外とまともになりました。元々のカモミールティーが黄色いので、外見でもジンジャーレモン入れても少し濃いくらいです。香り、味ともにクドさやトガりがなくなってとても普通に飲める様になりました。もう、ネタにならなくてつまらないくらいに(^^;。

*  *  *


 せっかくいただいたので、お礼がわりに記事として有効活用しようと、さまざまな手段を用いて飲んでみました。でもなんかむしろ失礼だった気もします(^^;。cさんnontaさんありがとうございました。
posted by いらくさ at 17:49| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ジンジャーレモン来たる・その1

 以前、友だちのcさんが書いたジンジャーレモンの記事を読んで、マネして自作したら見事に玉砕したという記事を書きました。

 そうしたら、なんとcさんとnontaさんが「見かけたから」とプレゼントしてくれました。ビックリです、ありがとうございます。持つべきものは友だちです。

 画像は省略しますが、しかし、マジこんなの初めて見るんですが。まったくもって、私の目がfushianasanすぎて涙が出てきます。

 入っているポーションは4つ。裏には「ホットで!」「水または炭酸で!」「紅茶で!」などと飲み方の例が書いてあります。「飲み方いろいろ・あなただけのお気に入りの飲み方をみつけてください」と妙に爽やかなコピーも書いてあります。
 じゃあまあ、まずは基本でホットつくってみましょうかね。

 ……(;´Д`)

 やだ……なにコレ。
 
 ヤバいっす。予想を超える辛さです。喉が熱くなるな……つか痛いです。上級者向けすぎて、もはや水だの炭酸だの紅茶だのでどうこうできる問題じゃなさそうです。

 しかしこの程度では私もへこたれません。要は「あなただけのお気に入りの飲み方」を見つければいいのです。
 とりあえず手持ちから、すぐ用意出来そうなもの……と思って探してみたら出てきました。

つ牛乳

 なんか冷蔵庫にあったので。試してみると、意外にイケます。ショウガの辛さがほとんどなくなり、レモンの爽やかさが強くなります。これなら飲めるなーと思ったのですが、何かに似ています。なんだっけ……。
 ああ、安い「飲むヨーグルト」だわコレ。

 というわけで残るポーションは二つ。予定ではコーヒーとハーブティ(銘柄未定)に放り込むつもりです。
posted by いらくさ at 00:51| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

飲むことと飲ませること

 先日、友人のnontaさんがウチに来てくれました。淹れるのにやたらと時間がかかるコーヒーにせよ、何が入っているのかわからない怪しいお茶にせよ、私の「や(飲)らないか」という誘いをいつもやんわりと遠慮してくれるとても奥ゆかしい人です。
 そこで今回は事前に相手に意向を聞かず、勝手にお茶を入れて目の前に出してみました。どう考えても私がヒドい人です。まあペパーミントベースにヘザーフラワーとアイブライトだ、味に極端な癖のあるものは入れなかったので大丈夫だろ、多分(やっぱりヒドい)。

 しかし飲んでもらったところ、「あ、これ苦手なやつだ」と言われてしまいました。
「む、不味い?」
「いや、不味いっていうか、ガムによく入ってるアレ、苦手なんだ」
 どうやらペパーミントが苦手だったようです。ミントはハッカ味としてお菓子やお茶に普通に使われ、ウチでも普段からよく飲んでいるのですっかり定着している感があったのですが、言われてみると、メンソールの味なんて客観的に見てものすごく癖の強い部類でした。
 自分が普通に飲むから他の人も普通に飲めるだろう、なんて思ってちゃいけなかったのにね。ちと反省。
posted by いらくさ at 21:49| Comment(4) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

遥かなるジンジャーレモン

 ちょっと前なんですが、私の友人から、ミニストップのジンジャーレモンが最強だという情報をキャッチしました。もう喉が痛くなるほど無駄にショウガの味が濃いらしいです。
 なんかものすごそうだったし、ネタ的にもおもしろそうだったので、自分も是非とも飲んでみたいと近所のミニストップや他のコンビニを回って最強なジンジャーレモンを捜索してみたのですが、あいにくと見つけることができませんでした。どうやらサイキョーすぎて多くの店舗で取り扱い中止になってしまったようです。

 まあ現代市場主義に文句を言っても始まりませんのでしょうがないです。ないものねだりをしてもしょうがないのです。
 しょうがないので


IMG_0227.jpg

つ く る こ と に し ま し た


 ジンジャー:レモンピール:ジャスミン:羅漢果=2:4:4:1です。
 とりあえず話で聞くよりはまともな味をめざすため、ジンジャーをレモンピールより下げて最強ぶりを下げます。また、最近ウチでジンジャーと相性がいいジャスミンを加えます。甘味は普通ハチミツですが、できればティーパックに入れられるようにと思い、ステビアだのアニスだの、甘み付けに使えるハーブを考えたところ、癖が少ない甘さということで羅漢果を使うことにしました。
 はい、ほとんど思いつきの一発勝負です。

IMG_0229.jpg

こんな色。元の写真がショボいので色は意味ないかも。

 香りはジャスミンにレモンの香りがついた感じで、悪くないです。
 ではさっそく飲んでみます。

…………(;´Д`)マズー

 まあなんですか、全体的に味が薄かったです。ジンジャーとレモンピールは等量で構わなかったみたいです。また、羅漢果もジンジャーのクドさと争うにはもうちょっと多めにすべきでした。甘みについてはレモンのドライフルーツを使うほうがよかったかもしれません。

 反省会はともかく、さてどうしようこの残り。
posted by いらくさ at 21:58| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

ハーブティー風のショウガ湯的な何か

 めっきり寒くなってきました。
 家族が頭が痛いだ寒気がするだと最近いろいろうるさくなったので、ジンジャーティーをいれる機会が増えています。要はショウガ湯です。
 私もハーブティーを入れ始める前からショウガ湯やジンジャーコーヒーはよく作っていました。なんだかんだ言ってちょっと身体を温めるのにはコレがけっこう効くのです。先人の知識は尊いですね。
 という訳で、私のオリジナルアレンジを晒します。

ハーブティー風ショウガ湯(マグカップ一杯分)
ショウガ(ジンジャー)・・・大さじ1
ジャスミン・・・大さじ1
ハチミツ・・・大さじ1


 マグカップ用なのでティーカップより多めです。身体を温めるショウガとのどを通すハチミツに、頭痛や鎮静に効果があるジャスミンを加えてみたものです。もともとショウガ湯を入れる際に何かオマケをと思い、安かったので購入したけれど余らせていたジャスミンを在庫処分wのつもりで入れてみただけのものだったのですが、珍しく家族が気に入ってくれたので最近よく入れています。「何度も入れてる」って時点で効果はちと怪しいのですが(^^;
 ショウガはティー用の乾燥ショウガを使っていますが、スーパーで買ったショウガを使う際は水分が多いからもう少し分量を減らした方が辛くならなくていいかもしれません。
posted by いらくさ at 23:30| Comment(0) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

自家栽培キャットニップde自ら人体実験

 なんか頭イタイな。関節もイタイな。

 もちろん最近のこの辺りの気候と、最近の私の生活習慣とを鑑みれば当然の帰結なワケですが、まだ週末まで当分先なのにコレは少々きついのです。
 とはいえ、痛い痛いと言ったところで誰かが何かしてくれるわけではないので、差しあたってやはりこのブログらしくメディカルなハーブティーを飲もうと思います。
 そこでうちのお茶箱をひっくり返してみたのですが、ちょうどロクなのが残ってません。セージ、エルダー、エキナセア、ことごとく全滅です。フィーバーフューも頭痛に効くはずですが、普段から飲み過ぎているほど飲んでいる割に効果が薄いので(主に頭髪的な意味で)ボツ。せめて鼻ぐらいは通したいと思ってもミントは持ってません。残りはコレだけです。

IMG_0128.JPG <やあ

 何気に本ブログにて一番出番が多いキャットニップ君です。HNは「いらくさ」ではなく「いぬはっか」と名乗るべきだったかもしれない、そんなふうに考えていた時が私にもありました。
 それはともかく、彼の持つ成分ネペラクトンは、ぬこには興奮剤として働きますが人間には鎮静に働きます。発汗作用と解熱作用もついているので風邪のひき始めにはぴったりらしいのです。ただ一つの問題は、コレが私が育てて収穫して乾燥させた100%自家製ハーブティーということです。
 ……なんというか、我ながら効く気がしないです。(;´Д`)

 とはいえ先日今年の収穫を終えてしまったハーブですので、やっぱり使うときに使わないと困るのです。ぶっつけ本番で他人に飲ませて怒られてヘコむのもヤダし。
 という訳で、3ヶ月ほど前に乾燥させたキャットニップのリーフをティーにしてみました。何故か葉っぱの色が汚くて写真にうpれません。(ノ∀`)・゚・

 で、小さじ一杯を急須で飲んでみた結果。
 味も香りもそこまでヒドくはありませんでした。メンソール感のなくなったミントティーといいますか、半発酵状態のミントティーといいますか。美味しいとはお世辞にも思わないのですが、まあ普通に飲めます。

 そして気がついたら、頭痛と寒気がなくなりました。(゚∀゚) そりゃもう、嘘みたいに。実はヤバいハッパだったんじゃないかと思うほどに。

 まあ、効く効かないは個人差もあるので、今度は家族にでも人体実験してみようかと思います。ありがとうキャットニップ、素晴らしいよキャットニップ。

……そして次の日、当たり前のように頭痛が戻ってきました。orz キャットニップ君はあくまで某風邪薬のように一時しのぎの効果しか持たないのか、それとも最近のこの辺りの気候と、最近の私の生活習慣によって単に風邪をひき直してしまっただけのことなのか、まだまだ自ら試さないといけないことは多そうです。

posted by いらくさ at 23:56| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。