2011年01月03日

過去の自分に

 だれでも、昨日の自分よりは今日の自分の方が賢くありたいものです。
 昨日の失敗を学び、明日につなげる、それが人間というものです。
 故に、私は過去の自分に決着をつけようと思います。

IMG_0325.JPG


 大掃除の際、台所のワゴン下から発掘したものです。
 小学校の図工のバケツにでも溜まってそうな色水です。はっきり言って、汚水か何かとしか思えません。
 この汚水が何かというと、私のつくった香水なのです。

 三年ほど前、アロマ的なもんをやってたときにつくったんですよね。たしかローズをベースにした香水です。なんでこんなもんつくったんだろう当時の俺……いえ、当時は家族なり親なりにつくってみたら喜んでもらえるかと思ってたんですよねぇ。まあ、結局全く支持されずに日の目を見ないまま、ワゴン下で放置されていたわけですけど。
 さて、さすがに年も変わるし、いい加減捨ててしまおう、見た目も悪すぎるしと思って瓶の蓋を開けて、開け……困った事に瓶が開きません。
 香水中の酢酸が金属製の蓋を腐食させてしまったようです。さすがは三年もの。というか酢酸使うレシピになぜ金属蓋の瓶を使っているんだ三年前の俺(ノ`□´)ノ。
 一人突っ込みも空しく響きます。
 で、それから熱湯をかけたり、ハンマーで叩いたり、ゴムバンドを蓋に巻き付けたり、大掃除の最中にも関わらず無駄にいろいろ試すことになったんですが、結局ドライバーをガラス瓶と蓋の間に差し込みこじ開けることで何とか成功。カパっと開けると、熟成されたバラの芳香が漂います。

IMG_0395.jpg

 うわぁ……(;´Д`)

 無駄にいい匂いをしているのが余計に腹立ちます。泥水のくせに。なんか底に溜まってるくせに。
 あんまりいい匂いだったので、つい薄めてルームシャワーに使おうかとアトマイザーまで用意してしまったのですが、よく見ると泥水の中に固形物が大量に浮いてます。まさに汚れた風呂桶に浮かぶ垢のように。

 うわあ……(;´Д`)

 コーヒーフィルターあたりで濾して使えないか、とも一瞬思いましたがさすがにこれは無理、断念です。そもそも大掃除のついでにやってるこんな三年前の失敗にこだわってたら大掃除が終わりません。そういうわけで、流しにダバダバと香水を流し、空いたスペースに醤油や料理酒のストックを押し込みます。これで私の数ある黒歴史のひとつが終わりを告げました。

 でも残念ながら、三年前の自分が何かを学んで、今の自分につながっているという感覚が全くないのです。あきらかに成長してませんね、私。


posted by いらくさ at 23:35| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

そして彼は生き残る

 以前、ゴールデンウィークに我が家のウツボカズラのミズゴケを交換した話をしましたが、この時に「三年も経ってるのに全然大きくならない」「細い根っこがプチプチ切れてしまった」などフラグ立てまくりな書き方をしておりました。まあ、言ってる事は事実なんですが、なんとなく「今年でこいつはもう駄目かもしれない」という予感がしていたのです。ミズゴケを換える前は本当に葉っぱの色も褪せていて、葉の先につく壷も、形になる前に茶色くしぼんでしまう茎の先端など真っ黒でした。さすがに茎の先端の成長点が黒くなったときは、もう成長できなくなってしまったかと不安でした。
 そして3ヶ月とちょっと。

IMG_0354.JPG

華麗に復活。


 小さなものですが、壷は4つくらいできました。6月7月が長雨で湿度がやたら高くなったのが効いたようです。そして、さらに

IMG_0355.JPG

なんかでました。

 一つの株から二つ目の芽です。ウツボカズラの殖えかたからすれば当然なんですが、ちょっと得した気分です。
 大きくなるわけでもなく、かといってそう簡単に枯れるわけでもなく、このウツボカズラはどこまで生き延びるんだろう。この冬を乗り切って四年目になったら、もっと育て方を考えてみようかなぁ。
posted by いらくさ at 23:50| Comment(2) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

母とドクダミ

IMG_0320.JPG

ドクダミです。この季節はキレイな花が咲いていいですね。


「ホワイトリカー買っちゃったから、庭のドクダミ採って来てよ! でもトイレ脇のは採らなくていいわ」
 マイ母親からの指令です。実家にたまたま立ち寄っただけのこの私に、オマエの今日の都合など知ったこっちゃないとばかりにマイ母親から指令が下りました。なんでも、昨年から使っているドクダミ化粧水が切れるので、今のうちに新しく作っておくんだそうです。

 トイレ脇に生えてるのだけ集めといてやろうかとも思いましたが、まぁ草むしりの手伝いみたいなものですので、変に波風立てずにこの場はおとなしく従っておくことにします。しかし彼女は、私の心のうちなどアウトオブ眼中でしゃべり続けます。

「○○さんはドクダミの化粧水はお花だけで作るって言ってるんだけど、葉っぱが混じるといけないのかねぇ」

 花だけで作るとかどこの高級エッセンシャルオイルだよ。言っとくがドクダミの白いところは花じゃないぞ。つかドクダミで花や蔀だけを使うなんて聞いたことねぇよ。

「でも花だけじゃうちの庭だと少ないし、私は葉っぱとお花を一緒にまとめてリカーに漬けようと思うの。そうすればどっちに効果があっても効くよね!」

 効くよね、とか言われても、えーと、その、なんだ、……困る。

 他にも何か言ってましたが軽く聞き流します。これ以上話を聞いていたら、自分がこの人と同レベル親子なのだということを無理矢理にでも再確認させられてしまいそうです。
 しかし個人的にはドクダミはノーマークだったので、どんなものかとかえってから調べてみました。
 一応、花部独自の成分としてイソクエルシトリンがあるようですね。どこまで明確な効果があるかはいまいちわからないですが。

 そしてドクダミの主な効用:できもの、湿疹、打ち身、保湿、育毛


 ……オレも……作ろうかな。(;´Д`)
posted by いらくさ at 01:46| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

そして通常営業へ

 前回新しいパソコンを注文したのですが、それから最初に通知のあった配達予定日から遅れに遅れ、結局届いたのは最初の配達予定日から5日も経ってからでした。別にApplestoreに納期の遵守を期待しているわけではまったくないのですが、これはiPadの予約時期と重なったせいなんでしょうか。
 6月アタマに新モデルが発表の噂とか、いろいろタイミングの悪い時期でしたが、それでもさすがにアイブクG3の遅さには嫌気がさしていたので届いた時にはホッとしました。届いた翌日にはメモリも差し替えて作動です。

 予算の関係もあってノートからデスクトップに変えたので、実感としてとても大きく感じます。家族に隠れてブログをコソコソ更新するのにはまったく向いてません。本当に、向いてません。

 でも、とりあえずこれで遠慮なく情報収集しながらMacBookの修復ができます。
 というわけで修復ソフトで修復しようとしたり、FireWire経由でiMacへデータ移行させたりしているうち、いくつかは復活、いくつかは消滅しました。というか、何度か起動させてるうちにマクブクG4が完全に読み込みをしなくなってしまったのです。はじめによくわからんままいじりすぎたかな、対応がもっとはやければもっと多くのデータが救えたかな、と反省しています。

 いずれにせよ、パスワードほかいろいろ返してもらったので、二週間以上かかって完全に通常営業に復帰です。一時はどうなることかと思いましたが、音楽データもほぼ無傷、画像も完全にサルベージできました。
 ちなみに優先順位1位とか言ってた血液データは完全に吹っ飛びました┐(´∀`)┌。

*   *   *


 今回の事件はネタにできるかなと思って書き始めたのですが、いざ書いてみると、全然文章が進みませんでした。写真もいくつか撮ったりしたんですが、いまいち無駄な気がして……ちょっと時間をあけてしまったのでテンションを下げすぎたみたいです。
 でも新しいパソコンいいよ新しいパソコン(;´Д`)ハァハァ。
posted by いらくさ at 01:50| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

PC環境復活への一歩

 前回申し上げましたように、五年間使ってきた愛機マクブクG4がめでたくお亡くなりになりました。
 
 五年間の私の記録、いわば、私の五年間が失われたに等しい惨劇です。ここは冷静になって、HDDから救出すべきデータの優先順位をあげておきましょう。
 @ 過去の献血でもらった血液データ8年分。
 B このブログの下書き
 C 某祭典及びそれに類似するイベントのために家族に描いてやった表紙/SCの数々
 D iTune内の音楽データ(注:主にボカロ曲)
 E ニコ動などのパスワードやユーザー登録の番号

 ……なんか、自分の五年間が空しくなってきました><。

 こんな過去は封印したほうがいい気もしましたが、とりあえずデータを修復して、新しいPC買って、データを吸い出すことにします。
 とりあえずこの時点ではネットもまともにつなげない状態なので、押し入れから心強い仲間「14インチiBook G3 2001年モデル」を呼び出しました。10年前のノートです。HDD容量30G、メモリ256MBとというスペックは、当時PowerMacinosh4400から乗り換えたばかりの私には感動ものの性能だったのですが、今となっては別の意味で感動ものです。ショボすぎて。起動だけで5分とか、笑えます。デフォルトブラウザは今じゃほぼ息していないiCab。もうなにもかも懐かしかったです。
 とりあえず今までの2倍の時間をかけつつ新しいパソコンを注文、そろそろ買い替えようとは思っていたのでいい機会だと思うことにします。

 前回から思ったより時間が空いてしまいました。番外編みたいなものなんだからとっとと書いてしまえばいいとは私も思っているのですが、まぁ、新しい機体はやっぱりイイですね。なんかいろいろサボりぎみになりますw。
 これだけじゃなんなんで、種から育ててるキャットニップがだいぶそれらしく育ってきてるので写真あげときます。一応、ちゃんと世話はやってますよということで、許してください。

IMG_0297.jpg

posted by いらくさ at 01:40| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

さらばマクブク

IMG_0281.JPG

あちゃあ



 ついに来てしまいました。うちで2005年くらいから使っていた17inchMacbookG4Al、最近妙に読み込み遅いなぁ……なんて思ってたんですが、某舶来トレーディングカードゲームのブースターパックをただ開けるだけというステキな動画を連続して見ていたらthe Darkのあたりで見事にフリーズ、しかたなく再起動したらこんな画面が出てきました。

( `д´)<チッめんどくせーな。 まあ再起動して検証でもやるか。

(# ゚Д゚)<なんだよ再起動しても同じじゃんよ。ディスクから再起動して修復かますか。

(; ゚Д゚)<アレ……なんでOSディスクを読み込んでくれないの? ひょっとしてハードからイカれちゃったとか?

(´ж`;)<手持ちのOS&ユーティリティディスク全滅っスか……自分外付けHDDなんて持ってないんスけど。

( TДT)<PRAM初期化も効かないお……バックアップまともにとってなかったお……

⊂⌒~⊃。Д。)⊃ <ヤダヤダヤダ手持ちデータ全滅なんてヤダ! 環境復活させるのめんどくさい! 新しいハード買う金もったいない!

ヽ(`Д´)ノ<ウワアアアァァァァアン!!


 とまあこんな感じで、どん底にたたき落とされてました。一応そのころの様子の一部はツイッターで愚痴ってたりもしてたんですが、環境の回復もだいぶ落ちついたこともあって、これからちょっとご報告ついでにネタにしようかなと思います。

posted by いらくさ at 01:15| Comment(2) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

ぼくんちのレモンバーム君

 ゴールデンウィークも終わり頭をいい加減切り替えないといろいろ本格的にヤバいと漠然と思い始めている頃、空気も読まずに実家から連絡が入りました。
「オマエの草が伸びて邪魔だからとっとと片付けろ」とのことです。
 この時期に実家から苦情が出てくる私の草、それはレモンバームです。

 うちのレモンバームは、6年くらい前に親が何かの景品で貰ってきた「ハーブの缶詰」ってやつの一つだったのですが、育ててみたらそれはもう馬鹿みたいに育ってしまい9割を根こそぎ処分という面倒なことになった上、いつの間にか全責任が私にかぶせられたほろ苦い思い出のハーブです。香りはいいんですけどね。

 とにかく、実家からそういう文句が出ている以上ほっとく訳にもいかないし、収穫期にはちょいと早いけどまあいいや、と思って収穫に行ってきました。

IMG_0272.jpg

うわぁ……(;´Д`)


 ウチの鉢植えどもはこないだの寒波でこぞって臨死体験してたのに、何コイツら。
 やっと小さな新芽がまた生えだしてくれたばかりなのに、何コイツら。
 一年間放置プレイだったくせに何でこんなにワサワサしてんの。何でこんなに青々してんの。
 まあ色々納得できないこともありますが、レモンバームに関しては、昨年は「嫌な事件だったね」状態だったので、大人の対応として豊作を素直に喜ぶことにしました。そして収穫、帰宅。

IMG_0276.jpg

うわぁ……(;´Д`)


 何となくは気づいていました。いっぺんに取り過ぎです。「洗って干すのめんどくさい」と内心思いましたが、それは間違いなく去年と同じルートをたどるので自重。ごそごそ地味に洗ったり、ぬこぬこ動画見ながらチョキチョキ葉っぱを切り離したりと地味に作業をしていきます。爽やかな午後の昼下がり、一人ぼっちでごそごそチョキチョキ2、3時間。……別に悔しくなんかないです。

IMG_0277.jpg


 そしてできたレモンバームの生葉。150g×2杯。乾燥させても200gはイケそうです。
 ……ゴメン正直ティーだけで飲み切る自信ない……一部ハーブバスかなんかにしますorz。
posted by いらくさ at 23:40| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

歳ですね。

 お久しぶりです。更新止まり過ぎですみません。

 突然ですが、この度ワタクシ、アトピー関連の服用薬から解放されました。

 このブログ的には「ハーブが効いた!」とかどっかの通販広告みたいなことを言って喜んどけばいいのでしょうけれども、単にもうさすがにいい歳だからアトピーも収まってきてくれただけの可能性も否定出来ないのが悲しいところです。
 ともあれ、この冬は結局手掌部ぐらいしか痒みが出てこず、身体のあちこちが白い粉を吹いたような状態にはならなかったのです。
 で、今回そのことをお医者さんに報告してみたところ、にこやかに、かつ嬉しそうに「じゃあ飲み薬はやめて、塗り薬だけにしてみましょう」と言ってくれたのです。かなり長い年数、漢方を処方してもらってきたのですが、やっと解放されたことは素直に喜びましょう。
 ただ、まだ完全に気を緩めることはできません。今年は手掌部、とくに指先がひどくて、何度も爪のあたりが裂けて血が出ました。おかげでこの冬は絆創膏を二箱も消費しています。今までにはあまりなかった傾向です。これこそハーブの副作用か何かかと内心ビクビクしていたので、心配だったのでお医者さんに相談してみたところ、にこやかに、かつ妙に嬉しそうに、

   _、_
 ( ,_ノ` )    n  <歳 で す ね!
 ̄     \    ( E)  
フ     /ヽ ヽ_//

 年齢とともに体内の水分は減っていきます。特に指先は早いうちからなくなって行きますので、手が荒れやすくなるのです。水仕事などのあとはクリームを塗って保湿に努めてくださいね、だそうです。
 なるほどわかりました。わかりましたけど、……なんだろうこの気持ち。

 アトピーが収まってるのもやっぱり歳なんですかねえ。
posted by いらくさ at 23:00| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

最近の身の回りでの風邪とハーブに関わる話:その2

 ウチはこの冬は特にカゼに縁が深かったです。それこそ、いつも家族のどちらかがカゼをひいてて咳き込んでる感じでした。間違いなく遅くまでネットだの同人だのゲームだのしているせいです。少しは生活態度改めないといけませんねと強く思います。でも思うだけ。
 そんなわけで、そこそこ収穫したつもりだったキャットニップは家族二人で順番に風邪引いてるうちになくなってしまいました。別に普通の風邪薬がない訳じゃないんですが、ハーブはあるとついつい使ってしまうのです。そして、もう花粉が飛び始めそうな時期になったにもかかわらず、また家族がカゼをこじらせてしまったことから私は漢方薬を買いに行かされたり10分おきにハチミツショウガ湯をつくらされたり夏に向けて某祭典のサークルカットをつくらされたりといろいろやらされたので(最後違う)、常用している一部ハーブがなくなったのを機にエキナセアを今更注文することにしました。
 エキナセアは抗ウィルス、抗菌作用が強く、免疫力を高めます。要するに、カゼとインフルエンザに妙に特化したハーブです。前通販サイトを覗いた時は、新型インフルエンザが大流行りの時期だったせいか、前回の3倍の値段で売られていました。あまりの相場の不安定さに、「某ネトゲのユーザーショップかよ!」って呆れて買わなかったのです。今は後悔している。
 しかしすでに冬も終わりに近づき、エキナセアの相場もだいぶ下がっています。対してこちらはまだまだ体調を崩しそうな勢いです。ここはひとつ、一袋キープしておこうと思います。

 それはいいとして、花粉シーズンに向けて、また相場が上がる前に関連ハーブをキープしておくべきか否か……去年いきなり売値を4倍につり上げられた衝撃が……。
posted by いらくさ at 00:50| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

最近の身の回りでのカゼとハーブに関わる話:その1

 家族が「よくtwitterでフォロワーさんの話にのぼるから」ということだけで購入させられたテイ○ズオブグレイ○スを漫然とプレイしたり、「今度のジ○リの原作だから」ということで図書館から借りてきた某児童ファンタジー小説を読んだりしていたら、ブログの更新が完全に止まっていました。やはり私はゲームやってちゃいかんですね。
 まあそういう訳で、今日も今日とてテイ○ズで有り金すべて合成代金につぎ込んで破産しておりましたところ、家族が風邪をこじらせたってんで「柴胡桂枝湯」を買いに行かされました。ここでよくネタに出していたキャットニップ君は、ネタにしすぎてすでに今年の分は在庫切れなのです。
 しかしこの柴胡桂枝湯、重めの風邪に適用ということらしくて家族はよく飲みますが、私は飲んだことがないのです。まあ漢方薬の風味はどれも同じなので別にいいんですが(偏見)。しかし、関係ないことなんですが、購入時に柴胡桂枝湯の箱を見ながらコレ一応ハーブのブレンドって言い張ることもできるんじゃないかなぁとか思いながら、組成を見て全然知らない植物ばかりで思わす笑ってしまいました。そういえば、薬局に並んでいる漢方の名前知らないものばっかりでした。アトピーがらみのチョレイトウやショウフウサンも名前は知ってるけど成分は全然知らないし。

 結局のところ漢方薬はやはり薬剤なんだなあ、といろいろと調べながら納得せざるを得ませんでした。東洋系ハーブは素人に手が出せるもんじゃなさそうです。
posted by いらくさ at 22:49| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。