2010年04月23日

スプラウト格差社会

 前々回の記事で四種類の種を植えた話をしてから、だいたい十日くらい経ったでしょうか。
 ブログが放置ぎみでいろいろアバウトになってます。

 まあ、それはさておき先日植えた種もこうなりました。

IMG_0265.jpg


 生え方にかなり差が出ています。一番早く芽が出て、今も絶好調なのはタイム(右上)、続いてレモンバジル(左下)が頑張っています。問題は無印とレモンのキャットニップ兄弟。無印(右下)はモヤシみたいなスプラウトが十本くらい生えてきましたが、レモン(左上)は未だに音沙汰なしです。
 うーん、なぜこんなに発芽率に差がでたかなあ。特にキャットニップ兄弟。苗床の置き場所も構成も同じなのだから、もうちょっと一定してもいいと思うんだけど。
 さしあたって、予想以上に生長ペースが急で、早くもボサボサになってるタイムを近いうちプランターに移さないと。


posted by いらくさ at 00:58| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。