2010年03月29日

ジンジャーレモン来たる:その2

前回の続きです。

つコーヒー

 ジンジャーコーヒーなんてものも風邪気味なときにはアリですね。この冬もよくつくりました。ショウガのポカポカ感がコーヒーの苦みにかぶさって、まろやかな感じになります。深煎りの豆が苦すぎるときにはいいですね。
 で、はたしてこの常識がジンジャーレモンで通用するかやってみることにします。試したのは今ちょうど使用している某大手コーヒーショップのコーヒーです。変なことに使ってごめんなさいK○LDIさん。
 ポーションをカップにたらし、軽い気持ちでドリップからコーヒーを抽出しはじめます。しかし、最初の一投から「ただごとじゃない」匂いが立ち上ってきました。何かの化学反応実験を連想する匂いです。

 ヤベえ。これ絶対ジンジャーコーヒーじゃない「何か」ができちゃう。
 頭の中で警告が発せられましたが、途中でやめるわけにもいかず、一応淹れてみました。

IMG_0253.jpg

右がジンジャーコーヒーじゃない何か。左が通常のコーヒー。


 なんというか明らかに黄色いんですが。激しい「やっちまった感」を感じつつおそるおそる口を近づけると、すえた匂いとともに苦酸っぱい味が舌をイジめてきます。

 うわぁ……。
 コレ失敗。やっぱり失敗。絶対失敗。変なことに使ってゴメンKA○DI。マジゴメン。

 一応最後まで飲みましたが、これはさすがに二度と飲みたくない味でした。カフェオレにしたら飲むヨーグルト風味とコーヒーでウィンナーコーヒーになるかもと頭をかすめたりしましたがもういいです(;´Д`)。
 そしてポーションはあと一つ。

*  *  *


つハーブティー

 ここはこのブログらしく、一応これで決めないといけないような気がします。
 始めはもっと個性の強い葉っぱを使おうと思いましたが、コーヒーがあまりにも酷すぎました。一応頂き物なんですし、あまりいくらなんでもニコ動のゲテモノ食い動画じゃないんだから、飲みやすさを重視することにします。日和ったとも言います。
 最終的に使ったのはカモミール:ミント=3:2。強すぎる香りをカモミールで、熱くなる口内をミントでなんとかしようと思いました。
 あまり期待はしていなかったのですが、意外とまともになりました。元々のカモミールティーが黄色いので、外見でもジンジャーレモン入れても少し濃いくらいです。香り、味ともにクドさやトガりがなくなってとても普通に飲める様になりました。もう、ネタにならなくてつまらないくらいに(^^;。

*  *  *


 せっかくいただいたので、お礼がわりに記事として有効活用しようと、さまざまな手段を用いて飲んでみました。でもなんかむしろ失礼だった気もします(^^;。cさんnontaさんありがとうございました。


posted by いらくさ at 17:49| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
すいませんね、色々と。
旅先で立ち寄ったコンビニでCが見つけてしまい
ネタ的に悪ノリで買ってしまい
いらくささんにやったら、きっと面白いネタになると想い

いらくささん   ご苦労様でした
Posted by nonta at 2010年03月31日 21:27
nontaさん>
コメントありがとうございます。
飲む機会はないかと思っていたのでありがたかったです。
寒くなったせいでここ最近ハーブネタが枯渇していたのと季節性の気持ちの塞ぎとでブログ巡回もまともにできてない状態だったのですが、お陰で復帰しかけてます。ありがとうございます。
あまり面白いネタにふくらませられずすみませんでした(><)。
Posted by いらくさ at 2010年03月31日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。