2009年12月07日

115円の再生

 たかだか115円に何をムキになっているのか自分でもわからないのですが、夏の売れ残りで購入したスペアミントの成長が著しく悪かったために、いろいろ試したあげく結局室内水耕栽培に移行した顛末を意味も無く替え歌にしてみたことがありました。
 もちろん歌って終わりというわけにもいかないので、あれからムキになってアブラムシを洗い流したり水替えをしたり液肥をわずかづつ加えたりと地味に世話をし続けてきました。そして世話を続けること一ヶ月、ついにスペアミントに再生の兆しが見え始めてきました。

IMG_0224.jpg

写真下部のもっさりしているところまでが以前の頂点。

突然ヒョロッと伸び始めました。


 二本の茎が長く伸び始め、新芽も新たにいくつか出てき始めました。アブラムシもたまに見かけることがありましたが数はずっと少なくなりました。葉が小さいのと茎がヒョロッとしすぎなのが気になりますが、近いうち古い葉を落としていって、様子をみながら土に植え替えていきたいところです。もっとも多分屋外は無理なので、この冬は屋内で育てて行くことになると思います。
 しかし。
 はっきり言ってミントを越冬させても何にもなりません。種とって春に植え直した方が収穫できるリーフの質も量も段違いです。それはまあ、分かっているんです。分かってはいるんですが、ついムキになって育ててしまいます。本当に、たかだか115円に何をムキになっているのか自分でもわかりません。

* * *


 本日、家族が某冬の祭典で頒布する原稿を脱稿しました。今回はイラスト素材が外注だったので装丁の私は作業的にはかなり楽出来ました。しかし、追い込みの昨夜つい気分転換にはじめたディアボロさんがなぜか調子良く進み、気がついたら朝の5時半とか、なんてダメな大人。
 でも次の週末は家族も神戸に行くのでゆっくり別のことができそうです。


posted by いらくさ at 23:56| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。