2009年11月28日

時事ネタ御免

【ツムラ・芳井社長】漢方薬の“保険外し”に反発‐「事業仕分け」の結論を一蹴(薬事日報)
ttp://www.yakuji.co.jp/entry17252.html

 党内に漢方医療小委員会をもち、東洋医学に関心があったと思われた現政権が漢方薬を保険診療の対象からはずそうかとなどと言い出しています。漢方薬が主力製品である特定の会社が前政権とつながりが深かった故の報復措置という噂も聞きました。政治には常にニュートラルでありたいものですが、やはりこういうことがあると「んー」と思ってしまいます。
 薬効なんてものは、要は患者の具合が良くなって副作用が少ないものであれば、東洋でも西洋でも、ケミカルでもナチュラルでも支持すべきものだと思いますんで、手塚治虫「陽だまりの樹」の逆バージョンみたいで感心しません。
 私もちょっとした皮膚のアレルギーで抗ヒスタミン作用のあるネトル(イラクサ)を愛飲していますが、気候やストレスで悪化してどうしようもなくなったら漢方薬を処方してもらっています。私の場合、ステロイドは副作用がキツイのです。漢方の患者負担が大きくなると正直ちょっと苦しいかもしれません。
 薬効は小さいかもしれませんが、ハーブティーもある意味生薬といえます。さすがにこちらが規制の対象になるはずもないですが、ささやかな趣味が邪魔されない程度には安定した社会が欲しいもんです。


posted by いらくさ at 22:44| Comment(3) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー、これかぁ、確かどこだかでオンライン署名募ってたから
こないだ署名したよ。その他にも湿布薬なんかも対象になってるとか。
市販薬はあんまり関係ないみたいだけど、
その製造元の会社が潰れちゃうのはちょっと困るなぁ。
葛根湯や小青龍湯には毎年お世話になってるので。
Posted by katu at 2009年11月30日 20:20
私もニュースでみましたが、漢方は妊婦さんにも処方しやすいものなので保険対象外にするのはどうかと思いましたよ。
私の周りでもアレルギーの体質改善に漢方を処方してもらってる人がいますが、今でさえ1月1万近くかかるのに対象外になったら支払いしきれないと嘆いていましたよ。
Posted by puricatz at 2009年12月01日 23:28
コメントありがとうございます。

>katuさん
私が処方されてる漢方も三種類ともここの会社です。まあここがほとんどシェア独占っぽいからしょうがないですが。会社つぶれたらよその製薬会社が特許買い取ることになるのかな。知財流出ですね。

>puricatzさん
続報なんかを追ってるとさすがに実現の線は薄そうですが、さすがに医療費削減で「この発想はなかった」なあ。月一万が保険適用外となるとさすがにただごとじゃなくなりますね。医療費が高くなったのは、必要もないのにほいほい薄い薬を配る医師と何かしら薬が出ないと不安な軽症患者のもたれ合いの結果だと思ってますんで、漢方西洋での線引きはやっぱナンセンスな気がするのです。
Posted by いらくさ at 2009年12月03日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。