2009年10月29日

聖バジルによる福音書

 さて、前回ホーリーバジルにハダニが大量についたので、駆除のためにコーヒースプレーを吹いたところまで記事にしたと思います。

 え、牛乳スプレー? 何スかそれ。やっぱハダニにはコーヒーっしょ! 偶蹄目の分泌液ごときであの赤い悪魔を倒せる訳ないじゃないですか……えぇ、ダメでしたよ(´;ω;`)。なんかアイツらには全然効きやがりませんでした。スプレーの水圧で弱っていた葉っぱが大量に落っこちただけで、新芽のあたりには赤いポツポツが平然と居座ってました。
 牛乳スプレーをかけた翌朝、一目見て「あー、こりゃ牛乳は効いてないわ」と悟り、しょうがないのでコーヒースプレーを作る作業に入りました。幸いにしてウチは毎朝毎晩ひたすらコーヒーを飲む習慣がありますので、いつでも新しいコーヒーかすが台所にあるのです。さっそくコーヒーかすから3分ほどでスプレーを作り、出勤前に一噴きしておいたのです。
 偶蹄目の分泌液と炒り豆の抽出液の何が違うかはわかりませんが、とりあえず「コレやっとかねぇと安心して出勤できねぇ」というメンタル状態、コレでダメならやっぱり鉢ごと水張ったバケツに突っ込むしかないな、ああ、ブログの出だしで水に沈めたバジルの写真貼ったら構図的にインパクトあるかもしれないなぁ、などと徒然に思いを巡らせつつ出勤です。

 結果、コーヒースプレーは無事ハダニに効いてくれました。一回目でかなり数が減ったので夜にもう一回吹いてみたところ、朝にはほとんどハダニがいなくなりました。現在ホーリーバジルには活力剤を挿しておいて、失った葉っぱと抵抗力の回復に努めてもらっています。

 意外となるようになるもんですね(・∀・ゞ。まあ、私が普通に水をやっていればいいだけだったんですけど。
 しかし、牛乳スプレーとコーヒースプレー、結局のところいったい何がどう違ったのやら┐(´ー`)┌ 。


posted by いらくさ at 23:40| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。