2009年09月24日

キャットニップでぬこのおもちゃを作って試してみた

 さて、この度珍しく人様のお家にお呼ばれしました。毎日をのんべんだらりと浪費し続ける私にとって、リアルで人に会うということはまさしく一大イベントです。そして、この私の、誰よりも狭くて細いことに定評のある情報網は、このお宅にぬこがいるという情報をキャッチしました。
 と、いう訳で。


IMG_0128.JPG<やあ。


 我がプランターの最強生物キャットニップ君の登場です。こないだ収穫したのにまだまだ伸びてオレガノを押しつぶしてます。なぜか匍匐性植物になりました。迷惑です。いい加減にしろお前。
 それはともかく、以前ちょっと記事にさせていただきましたように、「キャットニップをぬこになげつけて反応を楽しむ」という機会が早くも巡ってきました。これは是非とも試さないとバチがあたろうというものです。
 これを逃したら人様の家にいく機会など当分ないとか言うなヽ(`Д´)ノウワァァン。


IMG_0183.JPG

今回用意するブツはこれ。


 ぬいぐるみの中が空洞になっており、アロマオイルやポプリを入れて香りを楽しむアクセサリーです。いわゆる「におい袋」です。
 この中の匂い袋を、我が家で収穫したキャットニップを包んだ紙に入れ替えてみました。ぬいぐるみをポフポフ叩くと、キャットニップ特有の、半端にミントっぽいシソという独特のにおいが立ちこめます。いい感じです。
 私の脳内では

「ぬこが隣の部屋からニャーニャー鳴きながら登場」→
「おもむろににおい袋をぬこの目の前に投げつける」→
「ぬこまっしぐら」→
「(・∀・)ニヤニヤ」→
「カッコ良くこのブログにうp」

 という、客という立場とか場の空気とか一切全くこれっぽっちもわきまえていないイメージが広がっています。当日はお土産のラスクとにおい袋をバッグに入れ、意気揚々と友人宅へ向かいました。

 結果。

 轟沈しました。orz
 ぬこ君は知らない人が多くてかなり緊張してしまっていたようです。二階へ避難してしまって降りて来てくれません。結局、

「ぬこが友人に抱きすくめられフギャフギャ鳴きながら登場」→
「慌ててにおい袋をぬこの目の前に投げつけようとするが微妙に狙いがそれる」→
「ぬこまっしぐら。二階へ」→
「(´・ω・`)ショボーン」

 という、客という立場とか場の空気とか一切全くこれっぽっちもわきまえていない点だけが的中するという悲しい結末になりました。

 結局この時はあきらめてにおい袋だけ渡して引き下がりましたが、友人から「あのあとまたぬいぐるみを近づけてみたよ。ふて寝していてはじめは『なんだよー』って態度だったけど、なんか最後にはぺろぺろ舐めてたよ!」

 フォローありがとうcさん……あんたエエ人や。最高や。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ。


posted by いらくさ at 21:55| Comment(2) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は家のぬこにまでお土産ありがとうございます。
食事の後、家に帰ってみるとぬこが羊を食べるが如く
まんべんなく、なめ回してありましたよ。(手がべたつくほど)
西洋マタタビもけっこうイケる感じでした。
(C)もキャットニップに興味を持ったようです。
Posted by のんた at 2009年09月25日 21:46
コメントありがとうございます。
先日はお邪魔いたしました。
ぬこ君も多少は気に入っていただけたようで何よりです。
キャットニップは手に入れやすく育てやすいハーブです。枝を水につけておけば根っこが生えてきます。「注意しないとハーブ畑にぬこがやってきて食い荒らす」と言われますが、ウチは幸いにしてそういうことはありません。
(C)さんも、もしよろしければウチのキャットニップを株分けしますよー。
Posted by いらくさ at 2009年09月25日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。