2009年09月22日

グリークバジルに虫がつく

 先日プランターの土壌改良に大変貢献してくれたギリシャからの刺客グリークバジルさん、彼のような歴戦の勇者も虫には勝てないようです。
 イタリアンパセリ同様虫害がひどかったので少し被害葉をむしってみました。


IMG_0180.JPG

ずいぶん食われてます。


 虫は「エカキムシ」とよばれるハモグリバエの仲間です。このときもいくつかの葉っぱの中でリアルタイムに小さな小さなイモムシみたいな虫がもぞもぞうごめいておりました。正直、大変不愉快かつ不潔です。

 そう言えばmixiのアプリゲー「サンシャイン牧場」ではマイミクの農園に害虫を撒くと、マイミクさんが害虫を退治することで増産値や経験値をあげることができます。そのため、マイミク同志互いの農園に害虫を放って「ありがとー」と言い合う文化がありますが、初めて聞いた時はちょっと変わったシステムだなと思いました、というか「おまえは何を言っているんだ?!(AA略)」状態でした。
 まあ、もしリアルで誰かがエカキムシを私のプランターに放ってたら怒りますね。普通に。

 それはさておき、満足そうに葉っぱの中でくつろぐ彼らの拡大写真をぜひともうpしてこの不快感を皆さまと分かち合おうかとも思いましたが、いかんせん私はケータイカメラしか持っておりませんので、ズーム画像は撮れないのです。大変残念ですw

 しかしまぁ、前回のグンバイムシのときはイタい失敗をしている以上(主に重曹のせいで)、もしこれからも続くようなら木酢液なりニームなり、また新たに対策を考えないといけませんね。


posted by いらくさ at 22:56| Comment(2) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
mixiってそんな習慣があるんですね。おっそろしいなあ(藤岡隊長風に)
私の頭にはやらない夫が首を傾げるAAが浮かびました。
Posted by katu at 2009年09月24日 00:06
katuさん、コメントありがとうございます。まあ「サンシャイン牧場」と「みんなの農園」みたいな「牧場物語」みたいなゲームだけの話ですよー。基本的にマイミクさんとの交流を深めるためのゲームなので、害虫を入れる本来のルールなら対戦相手にやるような行為も、プラスに働くようにしているみたいです。とくにサンシャインの方は、どんなに放置しても作物が枯れたりするようなペナルティが全くないのでそういうイベントをこなした方が効率がよくなる、ということで自動的にそういうことになっていった感じです。システムデザイン的に無理があったのかな。害虫じゃなくて「訪問タグ」程度のものだったらイメージが狂わなかったかも。一応、慣れれば作物を育ててると思い込むこともできますしそれなりにログイン回数もふえますから、まあおまけゲームにしては上等な方かもです。
Posted by at 2009年09月24日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。