2009年08月04日

なんだコレ・遭遇編

 以前植木鉢から生えたキノコらしきものの「やりきった」後の発見報告をしましたが、今回ついに出てきました、完全体が。

IMG_0107.JPG

こんな感じのやつです。


 形状はやっぱりホウライタケやオチバタケっぽいです。でも子実体が単独でしか生えてこない上に色素もなし、壷形の傘を持ってます。キノコというよりウミユリを連想します。

 うーん、正体がやっぱりわからない。キノコは種類が多過ぎる。というか、コレが本当にキノコなのかまだ確信がもてない……。形状は特徴的なのになぁ。山には生えないマイナーなキノコって、図鑑からも見放されてるな。
 などと考えていたら、一日もたたずにしぼんでしまいました。結局正体は分からずじまいです。


posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。