2010年09月09日

そして彼は生き残る

 以前、ゴールデンウィークに我が家のウツボカズラのミズゴケを交換した話をしましたが、この時に「三年も経ってるのに全然大きくならない」「細い根っこがプチプチ切れてしまった」などフラグ立てまくりな書き方をしておりました。まあ、言ってる事は事実なんですが、なんとなく「今年でこいつはもう駄目かもしれない」という予感がしていたのです。ミズゴケを換える前は本当に葉っぱの色も褪せていて、葉の先につく壷も、形になる前に茶色くしぼんでしまう茎の先端など真っ黒でした。さすがに茎の先端の成長点が黒くなったときは、もう成長できなくなってしまったかと不安でした。
 そして3ヶ月とちょっと。

IMG_0354.JPG

華麗に復活。


 小さなものですが、壷は4つくらいできました。6月7月が長雨で湿度がやたら高くなったのが効いたようです。そして、さらに

IMG_0355.JPG

なんかでました。

 一つの株から二つ目の芽です。ウツボカズラの殖えかたからすれば当然なんですが、ちょっと得した気分です。
 大きくなるわけでもなく、かといってそう簡単に枯れるわけでもなく、このウツボカズラはどこまで生き延びるんだろう。この冬を乗り切って四年目になったら、もっと育て方を考えてみようかなぁ。


posted by いらくさ at 23:50| Comment(2) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。