2010年01月31日

最近の身の回りでのカゼとハーブに関わる話:その1

 家族が「よくtwitterでフォロワーさんの話にのぼるから」ということだけで購入させられたテイ○ズオブグレイ○スを漫然とプレイしたり、「今度のジ○リの原作だから」ということで図書館から借りてきた某児童ファンタジー小説を読んだりしていたら、ブログの更新が完全に止まっていました。やはり私はゲームやってちゃいかんですね。
 まあそういう訳で、今日も今日とてテイ○ズで有り金すべて合成代金につぎ込んで破産しておりましたところ、家族が風邪をこじらせたってんで「柴胡桂枝湯」を買いに行かされました。ここでよくネタに出していたキャットニップ君は、ネタにしすぎてすでに今年の分は在庫切れなのです。
 しかしこの柴胡桂枝湯、重めの風邪に適用ということらしくて家族はよく飲みますが、私は飲んだことがないのです。まあ漢方薬の風味はどれも同じなので別にいいんですが(偏見)。しかし、関係ないことなんですが、購入時に柴胡桂枝湯の箱を見ながらコレ一応ハーブのブレンドって言い張ることもできるんじゃないかなぁとか思いながら、組成を見て全然知らない植物ばかりで思わす笑ってしまいました。そういえば、薬局に並んでいる漢方の名前知らないものばっかりでした。アトピーがらみのチョレイトウやショウフウサンも名前は知ってるけど成分は全然知らないし。

 結局のところ漢方薬はやはり薬剤なんだなあ、といろいろと調べながら納得せざるを得ませんでした。東洋系ハーブは素人に手が出せるもんじゃなさそうです。


posted by いらくさ at 22:49| Comment(0) | 記してみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

ハーブ石けん Revenge編

 先日、生命保険の外交員さんとまったりトークをしておりました。

生命保険の外交員さん
  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)<今契約している保険よりもっといい保険できたよ! 乗り換えたらお得だよ!
 ( 建前 )  \_______________
 | | |
__(__)_)______________
 ( _)_)
 | | |
 ( 本音 )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( 。A。)<乗り換えの目的は利率下げ! 期限を延ばして一生飼い殺し!
   ∨ ̄∨   \_______________

ワタクシ
 *      *
  *  ムリです  +
      n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

 しつこさに負けて契約してしまった当時はともかく、ファイナンシャルプランナーの資格を無駄に取ってる私に保険屋さんトークはあんまり効きません。でも、彼女のトークを遮り追い出す能力も私にはありません。何より、今の自分の保険がどうしようもないカス保険なのは自覚しているので、放置できないという弱みがあるのです。
 そして、「じゃあまた来週きます」と捨て台詞を残して去って行く外交員さん。よほどノルマがヤバいようです。

 それはともかく、現実逃避がてらハーブ石けんをつくることにします。唐突ですみません。でも、もう今までつくった石けんもなくなりそうですし、やはり寒いうちに石けんの乾燥をしておきたいのです。
 今回試したいことは二つ。一つは前回の失敗から「ハーブ浸出液を一旦思い切り冷やす」こと。暖かい液体のほうが石けんがよく溶けるかと思ったのですが、たぶん間違ってました。もう一つは、「関節炎や腰痛に効く石けんにする」こと。いえ、そうすりゃもうちょっと使ってもらえるかなって思って(´;ω;`)。

また備忘録代わりのレシピを。

IMG_0244.jpg

ハーブリーフ(タイム3本 ネトル大さじ1 マロウブルー大さじ1 ローズマリー小さじ1 ジンジャー小さじ1 ペパーミント小さじ1)
純石鹸 240g(120g二個)
はちみつ 大さじ2
エッセンシャルオイル ネロリ 4滴  ブラックペッパー2滴

タイム、ネトル、マロウブルー、ローズマリーは外用として肌に効果があるハーブです。ジンジャーは身体を温める目的で、ペパーミントは香り付けです。また、マロウブルーは特徴的な色なので、石けんの色付けに良いかとも思い入れてみました。結局いつものはちみつ色になってしまいましたがorz。でもはちみつの量は前回の半分です。さすがに前回は多すぎたのです。タイムがフレッシュハーブなのは、私の在庫状況によります。しょせん勢いと思いつきでつくりはじめてしまったので。

さらに新型の作成手順を。浸出液を最初につくり、冷ます間に粉石鹸をつくるようにしました。でも石けんをすりおろし終わってもまだ液が熱かったので、結局冷蔵庫で冷やしました。
1.ハーブを60ccのお湯に10分以上浸けて蒸らし、浸出液をつくります。
2.純石鹸をおろし金で粉状にすりおろします。
3.粉になった石鹸を大きめのジッパー付きビニール袋に入れます。
4.浸出液を加えてビニール袋をもみほぐし、中の石鹸になじませます。
5.ある程度なじんだらはちみつとエッセンシャルオイルを加えてさらにもみほぐします。
6.気が済んだら俵型にまとめます。
7.麻紐でしばって外に二週間から一ヶ月ぶら下げて干して完成です。

結果的に、浸出液を冷やして使うことは大正解でした。前回は30分掛けて石けんになじませた液が、5分もかからず馴染んだのです。あまりの違いに私自身おどろきました。まったく、この注意事項は必須だと思うのに、なぜ誰も注意しないのでしょう。
 まあ、多分こんなところで詰まっていたのは私くらいだっただけのことなのでしょうけどorz。
posted by いらくさ at 00:35| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

壷の中

 さすがに年も明けると朝がきつくなりました。
 きついのは人間だけではなく、一部のハーブもかなりダメージを受けています。私が寝込んでたりなんだりしていたころ、屋外に置いてあったいくつかの鉢が霜にやられ、葉っぱがごっそり落ちたり黄色くなってしまいました。
 どうしようもないものは処分し、まだなんとかなりそうな一部の鉢は部屋の中に移すことにしたのですが、はっきりいってウチは狭いのであちこちスペースをつくる画策をしなければなりません。鉢をもってうろうろしたあげく、いままでずっとテレビの上に鎮座していたウツボカズラ君に、春がくるまでどいていてもらうことにしました。
 そうしたら、ふと気がつきました。

IMG_0238.jpg

あれ、なんか壺の中が妙に黒くね?


 今までは気にしていなかったのですが、光の加減を変えたら小さい方のウツボカズラの壺の底が真っ黒なのです。あきらかに不穏です。なんだこりゃ、と思って壺の中をビーカーに空けてみたところ、こんな感じでした。

IMG_0239.jpg

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

 いや、これは気持ち悪いというよりむしろ感動しました。この寒い時期に、11月くらいにやっとできた高さ3センチたらずの小さい壺の中に、数えられるだけで20匹以上の蚊の死骸が詰まっていたのです。
 今は温排水や暖房の普及などの影響で季節に関係なく蚊が出てくる時代です。原型を留めている蚊も結構いるので、つい最近まで人知れず蚊とウツボカズラの戦いが繰り広げられていたようです。
 ウツボカズラ君を褒めてやりたい気分です。オ○ーナを購入する権利もあげたいくらいです。目立たないようでいて結構仕事してたんだなぁオマエ。
posted by いらくさ at 22:10| Comment(2) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

飲むことと飲ませること

 先日、友人のnontaさんがウチに来てくれました。淹れるのにやたらと時間がかかるコーヒーにせよ、何が入っているのかわからない怪しいお茶にせよ、私の「や(飲)らないか」という誘いをいつもやんわりと遠慮してくれるとても奥ゆかしい人です。
 そこで今回は事前に相手に意向を聞かず、勝手にお茶を入れて目の前に出してみました。どう考えても私がヒドい人です。まあペパーミントベースにヘザーフラワーとアイブライトだ、味に極端な癖のあるものは入れなかったので大丈夫だろ、多分(やっぱりヒドい)。

 しかし飲んでもらったところ、「あ、これ苦手なやつだ」と言われてしまいました。
「む、不味い?」
「いや、不味いっていうか、ガムによく入ってるアレ、苦手なんだ」
 どうやらペパーミントが苦手だったようです。ミントはハッカ味としてお菓子やお茶に普通に使われ、ウチでも普段からよく飲んでいるのですっかり定着している感があったのですが、言われてみると、メンソールの味なんて客観的に見てものすごく癖の強い部類でした。
 自分が普通に飲むから他の人も普通に飲めるだろう、なんて思ってちゃいけなかったのにね。ちと反省。
posted by いらくさ at 21:49| Comment(4) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。