2009年10月22日

自家栽培キャットニップde自ら人体実験

 なんか頭イタイな。関節もイタイな。

 もちろん最近のこの辺りの気候と、最近の私の生活習慣とを鑑みれば当然の帰結なワケですが、まだ週末まで当分先なのにコレは少々きついのです。
 とはいえ、痛い痛いと言ったところで誰かが何かしてくれるわけではないので、差しあたってやはりこのブログらしくメディカルなハーブティーを飲もうと思います。
 そこでうちのお茶箱をひっくり返してみたのですが、ちょうどロクなのが残ってません。セージ、エルダー、エキナセア、ことごとく全滅です。フィーバーフューも頭痛に効くはずですが、普段から飲み過ぎているほど飲んでいる割に効果が薄いので(主に頭髪的な意味で)ボツ。せめて鼻ぐらいは通したいと思ってもミントは持ってません。残りはコレだけです。

IMG_0128.JPG <やあ

 何気に本ブログにて一番出番が多いキャットニップ君です。HNは「いらくさ」ではなく「いぬはっか」と名乗るべきだったかもしれない、そんなふうに考えていた時が私にもありました。
 それはともかく、彼の持つ成分ネペラクトンは、ぬこには興奮剤として働きますが人間には鎮静に働きます。発汗作用と解熱作用もついているので風邪のひき始めにはぴったりらしいのです。ただ一つの問題は、コレが私が育てて収穫して乾燥させた100%自家製ハーブティーということです。
 ……なんというか、我ながら効く気がしないです。(;´Д`)

 とはいえ先日今年の収穫を終えてしまったハーブですので、やっぱり使うときに使わないと困るのです。ぶっつけ本番で他人に飲ませて怒られてヘコむのもヤダし。
 という訳で、3ヶ月ほど前に乾燥させたキャットニップのリーフをティーにしてみました。何故か葉っぱの色が汚くて写真にうpれません。(ノ∀`)・゚・

 で、小さじ一杯を急須で飲んでみた結果。
 味も香りもそこまでヒドくはありませんでした。メンソール感のなくなったミントティーといいますか、半発酵状態のミントティーといいますか。美味しいとはお世辞にも思わないのですが、まあ普通に飲めます。

 そして気がついたら、頭痛と寒気がなくなりました。(゚∀゚) そりゃもう、嘘みたいに。実はヤバいハッパだったんじゃないかと思うほどに。

 まあ、効く効かないは個人差もあるので、今度は家族にでも人体実験してみようかと思います。ありがとうキャットニップ、素晴らしいよキャットニップ。

……そして次の日、当たり前のように頭痛が戻ってきました。orz キャットニップ君はあくまで某風邪薬のように一時しのぎの効果しか持たないのか、それとも最近のこの辺りの気候と、最近の私の生活習慣によって単に風邪をひき直してしまっただけのことなのか、まだまだ自ら試さないといけないことは多そうです。



posted by いらくさ at 23:56| Comment(2) | 飲んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。