2009年08月22日

僕らの16,000立方センチ戦争・開戦前夜

 前回、一旦枯れかけたバジルがまた元気に根を張り出した話をしましたが、さすがに根が伸び過ぎてウザくなってきました。
 そこで、もとのスチロールプランターに戻すことを検討したんです。もちろんそのまま戻す気はなく、土をかき混ぜ空気をとりこみ、キノコも生える(笑)元気な腐葉土を混ぜ込んで土中pHの中和を図り、その上で重曹をあまりかけなかったあたりに植えてみたんです。
で、結果。

IMG_0126.JPG

\(^o^)/オワタ


 な ん ぞ こ れ

 いや、本気でここまでになるとは思ってなかったんです。たった二日しかたってないのに。
 土壌汚染の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。さすがにこれは戦慄しました。

 あぁ俺のブッシュバジル。せっかくドロドロに溶けてた身体がここまで回復したのに。元気に根を生やして、アイツの人生はこれからだったのに。
 ほんの十行ほど上で「ウザい」とか言ってますがその辺は華麗にスルー、重曹と土にムカついた私は一人つぶやきます。最近独り言ばかり増えてイヤですね。

「よろしい、ならば戦争だ」

 そして私はホームセンターへ駆けていき、完全にシーズン終了で売れ残ってるハーブを集めます。

 理屈はこうです。
土がアルカリに傾き一部ハーブが成長できない→
アルカリにも強いハーブをコンパニオンプランツとして植えて土壌改良しようぜ!→
どれがアルカリに強いかわかんないよ? キャットニップばっかじゃ芸がなくてつまんないよ?→
今はハーブ販売のシーズン過ぎててホームセンターなら投げ売り状態だから無問題→
脳内会議終了。

 と言うわけで、突っ込みどころ満載のオレ理論に従い、たかだか16,000立方センチのスチロールプランターという戦場に送り出す傭兵たちを購入してきました。いずれも198円コーナー→98円コーナー→大特価30円コーナーという過酷な戦場をくぐってきた猛者ぞろいです(一部例外あり)。

IMG_0133.JPG


 ちょっとこの辺で切ります。


posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 植えてみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。