2009年08月23日

僕らの16,000立方センチ戦争・宣戦布告

 と言うわけで前回からの続き。
 私のいい加減な管理のもと、2ヶ月ほど育ってたブッシュバジルの尊い命が失われてしまいました。しかし、身勝手かつ無責任な私は「全部土と重曹が悪いんだい!」と、虫よけに重曹を撒いたのが自分であることも棚に上げ一方的にプランターに戦争を仕掛けます。ホームセンターの特価コーナーで集めたハーブたちを傭兵(コンパニオンプランツ)として戦場(プランター)へ送り込み土壌改良を図ります。
 果たしてハーブたちは「汚物は消毒だー!!(AA略)」に成功するのか? はたまたすべて返り討ちにあって根も葉もドロドロに溶かされてしまうのか? そして物語はクライマックスへ!!

 ……はい、カケラもクライマックスじゃないです。すみません。植えてもいないです。重ねてすみません。
 とりあえずマイ兵士たちの顔ぶれを。

IMG_0132.JPG

1.スペアミント(まあ基本ですね。コンパニオンプランツとしても優秀らしいので期待)
2.ローズマリー(同じく優秀なコンパニオンプランツです)
3.トリコロールセージ(セージはローズマリー同様いつか自前で育てたいと思ってたので)
4.タイム(アルカリに強いハーブで真っ先に思い浮かんだのがコレ。品種不明)
5.スイートバジル(同志ブッシュバジルの仇を討つべく立ち上がったイタリアからの刺客。無駄に育って厄介者扱いされてたようなので購入)
6.グリークバジル(同じくギリシャからの刺客。)
7.ホーリーバジル(同じくインドからのry。)
8.オレガノ(最近家族の肩がやたら凝ってるようなので、上手く育ったら使おうと思います)
9.チャイブ(スープやサラダに)
10.スープセロリ(スープやサラダに)
11.イタリアンパスリー(スープやサラダに)

 調子にのってちょっと買い過ぎました(・∀・ゞ。もう後半コンパニオンプランツ関係ないです。まあ全部足しても合計千円いってないし、たまにはこれくらいいいですよね(言い訳)。

IMG_0136.JPG

とか言ってたら。


 全部植えられませんでしたorz。スイートバジルとホーリーバジルが植木鉢行きです。
 なんつーか、間抜けな話。おまけに植え替えてたらほとんど土が総入れ替えになってしまったとか。
 ネタニナッテネェ(ノ∀`)・゚・。

 とりあえず、オチも何もついてないまま、ここは書き逃げします。
何か面白い展開があったら続くかもしれません。


posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 植えてみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

僕らの16,000立方センチ戦争・開戦前夜

 前回、一旦枯れかけたバジルがまた元気に根を張り出した話をしましたが、さすがに根が伸び過ぎてウザくなってきました。
 そこで、もとのスチロールプランターに戻すことを検討したんです。もちろんそのまま戻す気はなく、土をかき混ぜ空気をとりこみ、キノコも生える(笑)元気な腐葉土を混ぜ込んで土中pHの中和を図り、その上で重曹をあまりかけなかったあたりに植えてみたんです。
で、結果。

IMG_0126.JPG

\(^o^)/オワタ


 な ん ぞ こ れ

 いや、本気でここまでになるとは思ってなかったんです。たった二日しかたってないのに。
 土壌汚染の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。さすがにこれは戦慄しました。

 あぁ俺のブッシュバジル。せっかくドロドロに溶けてた身体がここまで回復したのに。元気に根を生やして、アイツの人生はこれからだったのに。
 ほんの十行ほど上で「ウザい」とか言ってますがその辺は華麗にスルー、重曹と土にムカついた私は一人つぶやきます。最近独り言ばかり増えてイヤですね。

「よろしい、ならば戦争だ」

 そして私はホームセンターへ駆けていき、完全にシーズン終了で売れ残ってるハーブを集めます。

 理屈はこうです。
土がアルカリに傾き一部ハーブが成長できない→
アルカリにも強いハーブをコンパニオンプランツとして植えて土壌改良しようぜ!→
どれがアルカリに強いかわかんないよ? キャットニップばっかじゃ芸がなくてつまんないよ?→
今はハーブ販売のシーズン過ぎててホームセンターなら投げ売り状態だから無問題→
脳内会議終了。

 と言うわけで、突っ込みどころ満載のオレ理論に従い、たかだか16,000立方センチのスチロールプランターという戦場に送り出す傭兵たちを購入してきました。いずれも198円コーナー→98円コーナー→大特価30円コーナーという過酷な戦場をくぐってきた猛者ぞろいです(一部例外あり)。

IMG_0133.JPG


 ちょっとこの辺で切ります。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 植えてみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

バスフィズその後

 前回、バスフィズを作ったことをネタにしましたが、結局のところ家族の評判はいまいちでした。

 時期的に湿度が高かったせいかうまく固まらず、二日間おいても今一つふわふわなままで、しかたないから型からはずしてぎゅうぎゅうにつめて、ラップで包んでます。
 で、結局家族の感想。
「あ、忘れた」
「また忘れた」
「そういや入れ忘れた」

 ……いやまあ、いいんですけどね。orz
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

バスフィズ作ってみた。

 台所に一人たたずむ23時。明日も普通に仕事があるのにバスフィズを作ることにしました。

 お風呂に放り込むとブクブク泡が出るカタマリ的な何かです。マッサージ効果とか毛穴までキレイにしてくれるとかそんなヤツです。
 今日作ることだけは決めていたくせに今までずっと散々遊びほうけていたせいです。明日また家族が戻ってきたら当分作る気分じゃなくなります。今作るしかないんです。

 とはいえ、コレは作る時間はそんなかかりません。要はやる気の問題です。

 こないだのウォッカの余りに加え、グリセリン、クエン酸やら重曹やら。道具だけはそろってます。私のレシピは次のとおり。備忘録代わりに書いておきます。
 今回のオイルは、お風呂に入れるなら定番のジュニパーと、マッサージするなら脂肪燃焼を促進させるブラックペッパー、あとは香りを整えるためにスペアミントを選択しました。

重曹 ・・・ 大さじ10
片栗粉 ・・・ 大さじ5
クエン酸 ・・・ 大さじ5
ウォッカ ・・・ 大さじ1/2
エッセンシャルオイル(ジュニパー) ・・・ 10滴
エッセンシャルオイル(ブラックペッパー) ・・・ 6滴
エッセンシャルオイル(スペアミント) ・・・ 4滴
グリセリン ・・・ 大さじ1
型いろいろ(クッキー型など)

IMG_0123.JPG

1.粉モノをボールにまとめて充分にかきまぜます。
2.液モノを別容器にまとめて充分にかきまぜます。
3.1の粉モノに2の液モノを少しづつ混ぜながら充分にかき混ぜます。
4.思いっきり固く固めて、ぎゅうぎゅうに型にぎゅうぎゅうにつめこみます。
5.一日くらい置いて完成。

 型のかわりに紙コップの底にぎゅうぎゅうにつめこんで、上からラップをかけるという方法もやったことがあります。今回は別サイトさんの情報使いながらやりました。

IMG_0125.JPG

結果、こんな感じに。

 お風呂に入る前に二、三個放り込めばいいはずです。

 さて、寝るか。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

バジルおかき

 職場でおせんべいの通販の取りまとめをやっていました。

 某北関東圏に有名なおせんべい屋さんがあって、そこで毎年、課で通販をお願いしているとのことです。人気商品はお中元セットとわれせんべい詰め合わせ。今年異動の私にははじめて聞く名前のお店です。

 というわけでカタログを眺めていたら、黒豆おかきやアーモンドおかきに交じってさりげなく記載されているひとつの商品が目に留まりました。

「バジルおかき」

 おかきにバジルです。バジルおかきです。もう個人的には心躍るほどニッチでマニアックな響きです。当職場は、そもそもバジルなどというハイカラな単語にまったく縁のない所ですので、「こんなうさんくさい商品には手をださないようにしよう」という空気がすでにできておりました。案の定、バジルおかきなど買ったのは私だけです。もちろん姉妹品の「五種おかき」を買ったのも私だけです。単に私がニッチでマニアックなだけだったようです。

IMG_0119.JPG

と言うわけで届きました。


 変な香料や着色料をまぜたりしておらず、油もバジルにあわせてグレープシードオイルベースを使ってます。意外とまともです。袋をあけるとバジルの少しツンとした香りがおかきの匂いと見事に混濁し食欲を刺激します。

 あれ、コレってけっこうウマくね?

 まあ、一応有名なお店ですし、いわゆる「神々の戯れ」というものでもさすがに「こんなもん食えねーよッ
 ゴラァ>(ノ`□´)ノ ~~ ┻━┻」

な事になるほど不味いことはないと思ってましたが、予想以上にバジルとおかきは合っていました。あとでググるとこのお店以外にも何軒か作ってるお店があったので、結構普通なジャンルだったのかもしれません。これは私の勉強不足。まあ、ここは嬉しい誤算としておきましょう。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 買ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

なんだコレ・遭遇編

 以前植木鉢から生えたキノコらしきものの「やりきった」後の発見報告をしましたが、今回ついに出てきました、完全体が。

IMG_0107.JPG

こんな感じのやつです。


 形状はやっぱりホウライタケやオチバタケっぽいです。でも子実体が単独でしか生えてこない上に色素もなし、壷形の傘を持ってます。キノコというよりウミユリを連想します。

 うーん、正体がやっぱりわからない。キノコは種類が多過ぎる。というか、コレが本当にキノコなのかまだ確信がもてない……。形状は特徴的なのになぁ。山には生えないマイナーなキノコって、図鑑からも見放されてるな。
 などと考えていたら、一日もたたずにしぼんでしまいました。結局正体は分からずじまいです。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

生モノにつきお早めに

 いつも何かしら失敗している私ですが、また失敗しましたw

 私が5年くらい実家で栽培(放置とも言う)しているレモンバームなのですが、これがかなり増殖したためマイ母親からクレームが来ておりました。最近もハーブ石鹸作りのために一度収穫していたのですが、そういった事情で今年はもっと本格的に収穫することにしました。なんだかんだ言って夏にレモンバームの香りは悪くないですからね。

 そして2kgほど収穫し、アパートに持ち帰りました。しかし乾燥させる前にちょっと洗おうと台所で水を流したら、出てくるわ出てくるわアブラムシ君とハナグモ君。レモンバームは害虫が寄りつきにくいハーブと言いますが、私が栽培(放置ともry)している以上、そんな常識は通用しません。いえまあ、なんの自慢にもならないのでその辺はスルーしてください。
 そんなわけではじめはジャバジャバ洗い流していたのですが、次第に面倒になってきました。面倒になってくるとろくなことを考えないのが私の性分です。

 いい事思いついた。お前俺の……じゃねぇ、ちょっとハーブまとめてバケツにつけときゃ、このアブラムシ共勝手におぼれ死ぬんじゃね?

 はい、とってもおバカな真似をしました。おまけに家族から用事を頼まれ、戻ってくるころにはコロッと存在を忘れてしまいました。

 次の日、洗濯物を干すために出てきたベランダで独特の芳香を発するバケツを見た時、えもいわれぬ「やっちまった感」が全身をかけめぐったことは言うまでもありません。
アブラムシ共がプカプカと浮く、無駄にいい匂いのする水を流した後、のこったレモンバームをなんとかできないかと画策しましたが、すでに枯れかけた草の臭気しかしないレモンバーム、家族からも「臭い」「汚い」とクレームが来ております。もはやあきらめるしかありません。

また来年、がんばります……。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。