2009年07月25日

なんだコレ・刺客編

 以前ターネラの植木鉢から変なのが生えたことを記事にしましたが。

IMG_0094.JPG

なんかまたいました。


 余った土をまとめた袋ににょろにょろと。真っ白なミミズみたいに。
 植え替えで半端に余った土などどうでもよかったので、ビニール袋を輪ゴムで縛って玄関に放り出していただけというワタクシのステキな園芸用品の管理仕様。適度な温度と湿度と空気が彼らのお気に召したようです。

IMG_0096.JPG

収穫してみました。


全部で6本。太さ7ミリ、長さ6センチ前後はある立派なキノコです。

まあ、なんというか、……ウゼェ。

 前回のキノコはホウライタケみたいな細い柄と小さい傘というプロポーションでしたが、今度のは明らかにゴツイです。傘がひらききってないシメジ系です。一目で別種と分かります。
 一体何種類の胞子を混入させているんだ、名古屋の○.○.社。

 とりあえず土から取り除き、暇なときに同定でもしようかと皿に水張って移しておきました。

 次の日には皿全体にびっしり胞子張り巡らされました。orz
白と茶色の粉みたいなのが水面を覆って不潔感全開です。家族に見つかったら間違いなくヤバい雰囲気です。

 結局、気持ち悪過ぎて捨ててしまいましたが、あれからこのキノコは生えてこないようです。発生条件がわりと特殊なレア物だったのかもしれません。まあ、あんなもん二度と遭遇したくありませんが。


posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

バジルつえぇ

 前回、プランターに重曹を多めに撒いてしまったがためにフィーバーフューとブッシュバジルが大変な被害を受けたことを記事にしました。

 結局フィーバーフューは全滅、バジルは腐った枝葉を取り除き、まだ緑色を保っていた先っぽ2センチほどを切ってコップに差すしかなくなりました。
 で、一週間ほど経ってそのバジルが今どうなってるかといいますと。


IMG_0112.JPG

オマエ強すぎ。


 そりゃバジルの生命力は知ってるけど、知ってただけに今回の重曹にはビックリしたけど、この復活能力には改めて驚かされましたよ。
 だって8割腐ってたんだよ? 触ったらグズグズ崩れて溶けたんだよ? それがなんで水中に突っ込んだだけでこんなぶっとい根っこ何本も生やしてくれるの?

 とりあえず別件で生長点を枯らせてしまってコップに避難させていたターネラなんて、一ヶ月たっても全然根っこが伸びてないのに。
 オマエ強すぎ。

 まあ、人気あるハーブはやはりそれだけの人気があるということでしょうか。
 とにかく、これだけ根っこを生やされてしまうと、どれだけ水を注いでもすぐなくなってしまうので、また空気を混ぜ直したプランターに戻してリベンジしようと思います。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

ハーブ石けんその後

IMG_0092.JPG

うは、汚ねぇ。



 いきなりですみません。前回作ったハーブ石けん、無理矢理二週間程度干してみましたが、やっぱり水分が多かったためか見事カピカピにささくれてくれました。おまけにはじめは無駄に柔らかかったこの石けん、縛ったヒモの部分が食い込んでいます。ちょっとへこんでるどころじゃないです。ざっくり潜り込んでいます。非常にみっともないです。
 私も作った当初は「人様に使わせるものでもないし」とか嘯いてみましたが、こうして結果を直接見せられるとさすがにヤバい。なんデスカこのひび割れっぷりは? なんデスカこのめくれっぷりは?

 こ れ は ひ ど い

 作った本人が言うのもなんですが、こんなの使ってたら逆に肌が荒れそうです。ビジュアル的に。
 とりあえずなんとかしないと。意味不明の焦燥感にかられ、見た目をなんとかごまかすべく画策をはじめることにします。
 まあ、表面を湿らせて撫で付ければなんとかなるだろ。ということで濃いめのレモンバーム&スギナ&ローズマリー浸出液をつくり、歯ブラシで石鹸の表面を磨いてみました。

 こ れ は ひ ど い

 まるで水をうけつけません。古くなったおもちに水をつけている気分です。力を入れ過ぎるとボロボロ削れます。なんだこれ。ホントに石鹸か。

 二日ほど重ね塗りしてみましたが、今一つ改善がみられません。むしろ浸出液と石鹸の泡で不潔感が三割増しです。

IMG_0099.JPG

イタ過ぎる結果


 結局、「もういいや。人様に使わせ(ry」でまた干してしまいました。あいかわらず自分を甘やかすダメ男な私です。

posted by いらくさ at 23:44| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

遺物発掘

 クローゼットから推定一年前のものと見られるハーブリキュールキット(ローズリキュール)を発掘しました。

IMG_0120.JPG


 昨年の今ごろ出来心で買ったヤツですね。誰でも簡単にハーブのお酢やお酒が造れるというフレコミのビン詰め型キットです。簡単に言うと、最初からビンの中に計量済のハーブと氷砂糖が入っているので、お酒を注いで冷暗所で発酵させると数日後には美味しいリキュールになりますよって寸法のものです。去年二本買ったのですが、一本目(オレンジリキュール)の味がいまいち気に入らなかったのと、自分もそこまでお酒を飲む方ではなかったために一本目が終わった時点で飽きてしまったものと思われます。
 まあ、せっかく最近は外的要因から飲酒量が順調に増えてきてるし、このまま眠らせておいても邪魔なので作ってみることにしました。

そしておもむろに中身をあけ、角砂糖、ハーブなどの各成分を計量します。

なぜって? そんなの次回から自分で配合して勝手に作るために決まってるじゃないですか。ビンは残るし、毎回こんなバカ高いキット買ってられないっスよw。
 まあ、去年のオレンジリキュールも結局測っただけで作ってないんですけどね。ワームウッドとかサボリとか、微妙にまとまった分量が手に入りづらいの使ってるし。敵もさるものというべきでしょうか。

 お酒は、去年同様ウォッカを使います。一応説明書には他の種類のお酒も使えるようなことは書いてあるのですが、余った分を入浴剤やミストスプレーに転用できるので、結局ウォッカに落ち着きました。別にウォッカが好きなわけじゃないです。強いお酒飲めません。すみません。

ウォッカを注いでわしわし振って、冷蔵庫の野菜室に設置、一日一回くらい攪拌しつつ一週間以上置いておけば完成、のはずです。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 作ってみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

重曹って……

 私のフィーバーフューにたかるグンバイムシがしつこいです(写真省略)。
 追い払うのにも疲れました。

 とはいえ、一応ハーブティーにして飲むつもりの草なので、あまり派手に農薬をまくわけにもいきません。そもそもお金がなんかもったいない。
 そこで、家に転がっていた「重曹生活」系の本を手に取りました。

 重曹。重炭酸ソーダ。炭化水素ナトリウム。NaHCO3。呼び方はいろいろあれど、まあよく「魔法の粉」なんて言われてて料理におそうじに脱臭に洗濯にといろいろ使い道がありますよとロハスな皆さまにアピールしてる物質です。そして、この物質は園芸の分野でも虫よけや土壌改良材として使われています。さて、幸い家にも純度の高い重曹がありますので、これを少し拝借してナツシロギクの周りに蒔いてやりました。

 結果。

 全滅しますた。フィーバーフューが(TT)。

 確かにグンバイムシはいなくなりました。でも、フィーバーフューや近くのブッシュバジルの葉っぱが茶色く薄くなって次第に溶けていき、二日もおかず5株のフィーバーフューが消滅。バジルまで根元から茶色く枯れていってます。そんなにアルカリ土壌が嫌いだったのかオマエらは。平気だったのは少し離れたところのキャットニップだけ。コイツはむしろ元気になって茎が八方に伸びてます。そんなにアルカリ土壌が好きだったのかオマエは。

 というわけで、つい先日までそこそこ青く繁っていたウチの発泡スチロールプランターは、わずか一角を残して死の荒野に。

 あぁあぁあぁあぁ、フィーバーフューに含まれるパルテノライド(注:効能は育毛)目当てでハーブ栽培始めたようなものだったのに! そりゃあんまりだよ重曹サン……orz。
 濃度を何か間違えたのかなあ。もともと本当にアルカリに弱かったのかなあ。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

なんだコレ・邂逅編

IMG_0084.JPG

いや、誰だよオマエ。


これはウチで種から育ててるターネラという植物の鉢なんですが、無事本葉も開いてきたので鉢に移してみてから数日のこと。水やりしようとしたらなんかこんなんが生えてました。

んー……。
第一印象:モヤシ。いやさすがにそんなもん生えるわけない。
第二印象:コゴメグサ等腐生植物。確かにターネラの根のあたりから生えてるけど。でもさすがに本葉開いたばっかの草に生えるKYな腐生植物もないか。
第三印象:キノコ。状況的にキノコだよね。ホームセンターで買ってきた質の悪い腐葉土交じりの土ってよくキノコ生えるし。名古屋の○.○.社の土だし。

いずれにせよ、一晩で生えて胞子的な何かをぶちまけて「やりきった」ような顔してしぼんでるコレを前にアレコレ考えてる意味はないので写真だけ撮って放置。まあ、害はないでしょう。
posted by いらくさ at 00:00| Comment(0) | 育ててみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。